コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 地域環境工学科 土壌物理学

土壌物理学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR03 2C126 LJ83
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 中村 公人(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 農地土壌中の水や物質の管理,地下水や土壌汚染,砂漠化といった土壌に関わる様々な環境問題を扱う上で必要となる土壌中の水と物質移動現象の基礎理論を講述する.とくに,土壌の構成と構造,土壌水のエネルギー,土壌水の運動,土壌空気,土壌温度,土壌中の物質移動について述べる.灌漑排水学,水文学,地下水学といった応用分野の基礎として重要な内容である.
到達目標 ・土壌中の水移動,熱移動,溶質移動,ガス移動のメカニズムを理解し,土壌に関わる環境問題の解決に必要となる基礎的な知識を理解する.
・課題に対して自らの力で取り組む能力を養う.
授業計画と内容 以下の課題について授業を行う予定である.
第1回 土壌物理学の意義(土壌と人間生活のかかわり,土壌の機能)
第2回 土壌の生成と三相分布(風化過程,土壌の三相分布)
第3-4回 土壌の構成と構造(土壌の構成物質,粘土鉱物,粒度分析,比表面積)
第5-6回 土壌水の状態(毛管上昇,土壌水のエネルギー状態,土壌水分特性曲線)
第7-8回 飽和土壌中の水の流れ(毛細管中の流れ,Darcyの法則,透水係数)
第9-10回 不飽和土壌中の水の流れ(不飽和透水係数,Richards式,水蒸気移動)
第11回 土壌中の熱現象(熱収支,土壌の熱伝導現象,熱と土壌水の同時移動現象)
第12回 土壌中の溶質移動(移流,拡散,分散,移流分散方程式,吸着等温線)
第13回 土壌空気とその移動(土壌空気の組成,土壌中のガス移動)
第14回 地下水とその汚染(不圧・被圧帯水層,地下水汚染物質)
 <期末試験>
第15回 フィードバック:期間を定めて学生からの質問を受け付け回答する
成績評価の方法・観点 【評価方法】
期末試験(60点),提出物(40点)により評価する.
【評価基準】
評価基準及び方針については,当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 数時間程度,講義中に配布される資料を参考に復習を中心に行って説明内容の理解に努めること.資料中にある問題や参考書の問題に対して積極的に取り組むこと.
教科書
  • 授業中に資料を配付する.
参考書等
  • 土壌物理学-土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用-, Jury and Horton (取出監訳), (築地書館), ISBN: ISBN:4-8067-1324-4
  • 環境土壌物理学 Ⅰ 土と水の物理学, Hillel(岩田・内嶋監訳), (農林統計協会), ISBN: ISBN:4-541-02663-5
  • 土壌物理学, 宮﨑・長谷川・粕淵, (朝倉書店), ISBN: ISBN:4-254-43092-2