コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 応用生命科学科 植物生化学実験

植物生化学実験

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR02 3B224 EJ79
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 3 単位
授業形態 実験
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 小林 優(農学研究科 准教授)
  • 伊福 健太郎(生命科学研究科 准教授)
  • 落合 久美子(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 植物の取り扱いに関する基本的な知識と、無機養分吸収・細胞内代謝生理を解析するための基本的な実験方法を習得する。また植物組織培養・細胞工学の基本技術を学び、植物ホルモンの効果と細胞の分化全能性について理解する。
到達目標 ・個々の操作の意味や必然性を考えながら実験を進めることで、生命現象を化学的に解析する方法の基礎を習得する。
・実験を通じて、土壌ミネラルの有機物への変換、植物ホルモンを介した分化全能性、光合成による光エネルギー変換など、植物に固有の能力に関する理解が深まる。
授業計画と内容 1 植物無機成分分析:植物の無機成分組成を分析し、栽培条件との関連について考察する.(10回)
2 植物酵素の抽出と活性測定:光合成に関連する酵素の活性を測定し、阻害剤の作用機構を考察する.(2回)
3 細胞の全能性:植物から脱分化培養細胞を誘導するとともに,脱分化細胞から植物組織の再分化を行う. (4回)
4 形質発現:植物細胞の脱分化に伴う形質発現変化を蛋白質レベルで解析する.(2回)
5 細胞融合:植物よりプロトプラストを調製し,細胞融合を行う.(2回)
フィードバック:期間を定めて質問を受け付け、メール等で回答する.
成績評価の方法・観点 出席およびレポートにより評価する。評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 植物栄養学を受講していることが望ましい
授業外学習(予習・復習)等 ・予め実験書(応用生命科学実験)に記載の内容をよく読み、実験の目的および操作について理解しておくこと。
・得られた実験結果は速やかに整理し、実験レポートにまとめる。
教科書
  • 応用生命科学実験, 京都大学農学部応用生命科学科,