コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 応用生命科学科 醸造食品学概論

醸造食品学概論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR02 4B138 LJ79
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 石田 博樹(非常勤講師)
  • 岡田 義宗(非常勤講師)
授業の概要・目的 日本酒、ビールなどの醸造技術、飲料としての特性、ならびに、関連する発酵生理学および醸造学の基盤を、醸造企業における製造、研究開発の立場から解説する。
到達目標 醸造技術の発展の歴史を学び、現在の酒類、発酵食品の製造技術、製品特性等を理解する。また、醸造・発酵産業界における製造販売、研究開発などの現状と今後の動向に関する情報を得る。
授業計画と内容 第一部(岡田 義宗:キリンビール株式会社・横浜工場・醸造エネルギー担当部長)
1)酒類の分類(1回)
   原料・製法・税区分等による分類
2)ビールの歴史(2回)
   古代ビール製造から現在までのビール製造方法の変遷
3)ビール製造工程(2回)
   原料・仕込・発酵・貯蔵・濾過工程の概要と技術について
4)ビールの品質と機能性(2回)
   ビールの品質特性・官能評価、栄養と健康

第二部(石田 博樹:月桂冠・総合研究所・所長)
1)世界の酒(1回)
   世界で造られている酒の歴史と概略(醸造酒と蒸留酒)
2)日本酒の製造技術(2回)
   日本酒製造の歴史に見る技術革新
   日本酒の製造技術に学ぶサイエンス
3)日本酒の品質と機能性(2回)
   日本酒の品質評価と機能性
4)日本酒製造技術の新展開(2回)
   「酒造り」の技術を利用した食品・化粧品の開発

フィードバック(1回):教室または研究室内に待機し学生から直接受けた質問に回答する。
成績評価の方法・観点 レポートにより評価する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 配布される教材等を用いて予習・復習すること。
教科書
  • プリントを配布する。
参考書等
  • 予備知識:微生物学、生化学
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    オムニバス形式で多様な企業等から講師・ゲストスピーカー等を招いた授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    月桂冠 24年 キリンビール 26年

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    清酒醸造・研究経験を活かした醸造食品学に関する講義を担当。 ビール醸造・研究経験を活かした醸造食品学に関する講義を担当。