コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 応用生命科学科 分子細胞生物学II

分子細胞生物学II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR02 3B135 LJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 河内 孝之(生命科学研究科 教授)
  • 西浜 竜一(生命科学研究科 准教授)
  • 中野 雄司(生命科学研究科 教授)
授業の概要・目的 移動能をもたない植物がどのように環境に適応し、成長を最適化しているのかについて、植物細胞の構造・機能・特性や、主に植物に特有な分子の役割について講述する。具体的には、細胞成長の仕組み、植物ホルモンによる調節、光といった外的シクナルによる環境応答機構を学ふ。また、光合成で同化した炭素の配分機構などに関しての知識や認識を深める。
到達目標 植物の形質や生理応答を、植物細胞の特性に基づいて説明できるようになる。植物科学の基礎的な課題だけでなく、食糧・環境問題に取り組むための土台となる知識を身につけることができる。
授業計画と内容 (授業計画と内容)
以下の項目に関して講義を行う。ただし講義の進みぐあいに対応して順序や関連するテーマの回数を変えることがある。

第 1回 植物細胞の構造(河内)
 講義の概括と講義ガイダンスおよび植物細胞の特徴と多様性について解説する。
第 2回 光環境応答1 ~遺伝子発現調節(河内)
 植物の環境識別と成長の最適化について説明する。赤色光シグナリングを中心にシグナルの受容・信号伝達・遺伝子発現制御について取り上げる。
第 3回 光環境応答2 ~細胞応答調節(河内)
第2回講義に続き、環境応答を取り上げる。青色光シグナリングを中心にシグナルの受容・信号伝達・細胞レベルの応答について取り上げる。
第 4回 植物の発生1 ~生活環の制御(河内)
 植物の生活環とその制御について解説する。栄養成長と生殖成長およびその制御(成長相転換)を中心に扱う。
第 5回 植物の発生2 ~配偶子形成と性(河内)
 植物の有性生殖について解説する。配偶子の形成と性決定について取り上げる。
第 6回 植物ケミカルバイオロジー(中野)
 化学の力によって生物の謎を明らかにする新しい研究手法であるケミカルバイオロジーについて植物における研究例を紹介する。
第 7回 植物ホルモン:成長(中野)
 植物生理活性化合物である植物ホルモンについて3回の講義を行う。初回は発芽・器官伸長・器官分化など植物成長に関わるものについて紹介する。
第 8回 植物ホルモン:環境(中野)
 高塩土壌・高温・低温など環境ストレスに対する耐性機構に関わる植物ホルモンについて紹介する。
第 9回 植物ホルモン:生物間相互作用(中野)
 植物と病原微生物・昆虫との相互作用と抵抗性機構に関わる植物ホルモンについて取り上げる。
第10回 植物の分子細胞育種(中野)
 植物細胞を用いたバイオテクノロジー技術のうち、組織培養による物質生産技術、植物遺伝子組換え技術、植物ゲノム編集技術について紹介する。
第11回 師部転流(西浜)
 葉の光合成産物を篩部を介して必要な部位へ輸送する仕組みについて、ソース・シンクの概念とともに学ぶ。
第12回 炭素同化物の分配と割り当て(西浜)
 光合成産物の適切な利用のための炭素同化物の配分機構とその調節について説明する。
第13回 植物の発生3 体制と幹細胞(西浜)
 植物の胚発生におけるパターン形成と、栄養発生における幹細胞からの成長様式について、植物ホルモンや転写因子の関わりを解説する。
第14回 細部壁と細胞成長(西浜)
 植物細胞壁の構造・形成機構・役割について解説するとともに、細胞成長との関連について紹介する。
期末試験/学習到達度の評価
第15回 フィードバック
 方法は別途連絡します。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
授業への積極的な参加(10点)と期末試験(90点)により評価する。

【評価基準】
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 既に細胞生物学、生化学、分子生物学の基礎を学習する講義を受講し、十分な知識を習得していること。
授業外学習(予習・復習)等 講義で自習問題を出題しますので、復習を兼ねて各自で考えること。疑問が残った場合は、翌週の講義で積極的に質問すること。
参考書等
  • Biochemistry and Molecular Biology of Plants (2nd Edition), Buchanan 他, (Wiley), ISBN: ISBN:9780470714218
  • 植物生理学・発生学(原著第6版), テイツ/ザイガー, (講談社), ISBN: ISBN: 9784061538969