コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 応用生命科学科 生物有機化学I

生物有機化学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR02 3B120 LJ79
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 宮川 恒(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 農作物を害虫や病気などによる被害から守るために使用される農薬の歴史、化学構造とその作用発現のメカニズムについて解説する。
到達目標 農薬が効果を発揮するメカニズムを知ることにより、生体内で起こる生化学反応の理解を深める。また農薬が農業の生産性向上にはたしている役割とその問題点を知り、改善のために研究すべきことについて自分の考えが述べられるようにする。
授業計画と内容 第1回:農薬とは
第2回:農薬の安全性
第3回:生理活性物質の活性発現メカニズム
第4回:農薬の生体内や環境中における挙動
第5-11回:殺虫剤
 -神経伝達のメカニズム
 -神経伝達物質の受容を阻害する殺虫剤
 -神経の刺激伝導を阻害する殺虫剤
 -伝達物質の受容を阻害する殺虫剤
 -神経の刺激伝導を阻害する殺虫剤
 -筋肉の収縮メカニズムを阻害する殺虫剤
 -昆虫の成長をかく乱する殺虫剤
第12-14回:除草剤
 -植物の生長をかく乱する除草剤、脂質代謝を阻害する除草剤
 -光合成を阻害する除草剤
 -アミノ酸合成を阻害する除草剤
<<期末試験>>
第15回:フィードバック(フィードバック期間に、PandAを利用して試験問題の解説や質問に回答)
成績評価の方法・観点 定期試験(参考資料の持込可)70%、平常点(授業への参加度、小テスト)30%
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 応用生命科学入門I、III、IV、有機反応機構論I、II、生化学I、IIを履修しておくことが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 随時、授業内容に関連した小テストをPandA上で出題する。各種メディアで農薬のに関する話題を聞いたときには、それがどんな化合物なのか興味をもち、自ら調べるようにして欲しい。
教科書
  • 新版 農薬の科学, 宮川、田村、浅見編, (朝倉書店), ISBN:978-4-254-43123-0
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    農薬企業における研究開発業務(6年)

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    研究開発に携わった経験をふまえて、農薬の実用性と安全性を支える科学的な考え方を解説する。