コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 応用生命科学科 生化学I

生化学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR02 2B112 LJ79
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月1
教員
  • 由里本 博也(農学研究科 准教授)
  • 岸野 重信(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的 精緻で巧妙な自然界の生命現象の基本的な仕組みを、化学的な知識をもとに分子レベルで理解することを目指し、生体内の様々な反応を触媒する酵素および基本的な代謝経路(糖、脂質、エネルギー)について、化学的および生理学的な視点から講義する。
到達目標 生体内の様々な反応だけでなく、有用物質生産や診断薬など様々な産業で活用される酵素の性質と、その反応についての理解を深める。また、多くの生物に共通する基本的な代謝経路である糖および脂質の分解と生合成経路について、化合物の流れと関与する酵素反応を化学的に理解するとともに、各経路および個々の反応の生理的意義を理解する。さらに、糖や脂質の分解過程で生じるエネルギーが、どのような機構でATP合成に利用されるのかを理解する。
授業計画と内容 以下の各項目について講述する。各項目には、履修者の理解の程度を確認しながら、【 】で指示した週数を充てる。各項目の講義の順序、それぞれに充てる講義週数は固定したものではなく、担当者の講義方針と履修者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。全15回の講義の進め方については適宜、指示をして、履修者が予習をできるように十分に配慮する。

1. 酵素(岸野)【2週】
2. 解糖経路(岸野)【2週】
3. 糖代謝の別経路と発酵(岸野・由里本)【2週】
4. クエン酸サイクル(岸野)【2週】
5. 電子伝達と酸化的リン酸化(由里本)【3週】
6. 脂質代謝(由里本)【3週】

期末試験

フィードバック【1週】:フィードバック期間内に、教室または研究室内に待機し、学生から直接受けた質問に回答する。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
平常点評価(15点)および期末試験の成績(85点)により評価する。
【評価基準】
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 予備知識として、応用生命科学入門III (B105)を履修していることが望ましいが、必須ではない。
授業外学習(予習・復習)等 毎回の授業後に復習すること。
教科書
  • 基礎生化学, ヴォート, (東京化学同人), ISBN:9784807909254
参考書等
  • 生化学第4版(上), ヴォート, (東京化学同人), ISBN: ISBN:9784807908073
  • 生化学第4版(上), ヴォート, (東京化学同人), ISBN: ISBN:9784807908080