コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 海洋生物科学

海洋生物科学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 2A259 LJ81
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1
教員
  • 三田村 啓理(情報学研究科 准教授)
  • 澤山 茂樹(農学研究科 教授)
  • 菅原 達也(農学研究科 教授)
  • 佐藤 健司(農学研究科 教授)
  • 市川 光太郎(フィールド科学教育研究センター 准教授)
  • 田川 正朋(農学研究科 准教授)
  • 吉田 天士(農学研究科 教授)
  • 中川 聡(農学研究科 准教授)
  • 神川 龍馬(人間・環境学研究科 助教)
  • 小林 志保(フィールド科学教育研究センター 助教)
  • 中山 耕至(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 海洋生物に関わる、海洋学・物理学・化学・生物学・微生物学・生化学・分子生物学等を背景に、海洋生物科学・水産学の基本理念と最近の研究の現状について紹介する。それらの講義を通して海洋資源生物科学の概要を習得する。
到達目標 海洋生物科学・水産学に関わる基本理念を理解する。
授業計画と内容 海洋生物科学・水産学に関わる基本理念から最新の研究動向に至るまで、以下の項目について1回または2回、全15回の授業を行う。

(1)魚類の生態研究(三田村)
(2)魚類の種苗生産と形態異常(田川)
(3)資源管理の基礎としての「種」研究(中山)
(4)音響情報解析を用いた海産哺乳類の生態研究(市川)
(5)海洋生物環境の予測技術の発展(小林)
(6)海洋細菌・ウイルスの基礎から応用まで(吉田)
(7)海洋一次生産の生化学(神川)
(8)海洋真核微生物の基礎から応用まで(澤山)
(9)海洋における共生(中川)
(10)水産食品の基礎1・2(菅原)
(11)水産食品の栄養の基礎1・2(佐藤)

フィードバック:
講義時間内及び時間外に受講生から出された質問などをもとに、不明瞭な点などを復習するとともに、次の学習に活用する能力を養成する。受講生からの講義時間外における質問等の受付方法は各教員が指定し、回答には講義時間やKULASISを利用する。
成績評価の方法・観点 テスト、レポート、及び出席による。評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各講義において紹介された参考資料などを基に、自ら疑問点をもって復習を行うこと。
教科書
  • 必要に応じて資料の配布を行う。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    農水省水産庁11年、科学技術庁研究開発局2年

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    霞が関での行政官の経験ならびに瀬戸内海漁業調整事務所での漁業取締の実務の経験を下に、漁業と海洋生物との関連についての実務を講義する。