コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 海洋生物資源学演習

海洋生物資源学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 4A512 SJ81
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 三田村 啓理(情報学研究科 准教授)
  • 市川 光太郎(フィールド科学教育研究センター 准教授)
  • 小林 志保(フィールド科学教育研究センター 助教)
  • 木村 里子(国際高等教育院 特定講師)
授業の概要・目的  前期・後期30回にわたって海洋生物環境に関連する論文の紹介ならびに研究計画や研究成果のまとめ方等を学ぶ。
到達目標  海洋生物環境に関連する論文の内容を理解し、紹介できるようになる。
自分が行っている研究の内容を、紹介できるようになる。
授業計画と内容  沿岸海洋学、バイオテレメトリー、海洋生態系等に関連する論文・専門書を選んでその内容を学ぶ。海洋学の最新情報を紹介するとともに、生物生産と沿岸環境との関係を解説し、測定・解析法について論述する。また海洋生態系研究の最新情報を紹介し、その測定・解析法及び、海洋環境と生態系との関連について論述する。各人の研究課題について、計画・手法・成果・今後の展開方向を提供し合い、研究の進め方や論文のまとめ方に理解を深める。

 小林が海洋学、海洋環境学を5回、三田村・市川・木村が水圏生物情報学を25回担当する。
前期・後期とも各曜日の授業回数は、15回(フィードバックを含む)を設ける予定。
フィードバック:授業ごとに、各自が不明な点について、教員が回答する
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 海洋生物環境学I・IIを履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 常日頃から、海洋生物環境に関連する論文を、精読しておくこと。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目