コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 生産管理科学演習

生産管理科学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 4A509 SJ78
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1・2
教員
  • 中﨑 鉄也(農学研究科 教授)
  • 中野 龍平(農学研究科 准教授)
  • 西村 和紗(農学研究科 助教)
  • 元木 航(農学研究科 助教)
  • 間合 絵里(農学研究科 特定助教)
授業の概要・目的 植物生産管理学に関連した内外の学術雑誌から、重要と考えられる学術論文の内容を紹介させて討論を行うとともに、専門書の輪読をあわせて行う。また、各自の研究課題について報告させ、問題点や今後の展開について検討することにより、植物生産管理学に関する幅広い専門的知識を習得するとともに、対象作物の違いによる研究手法の特徴を理解させる。
到達目標 ・研究動向を把握し、先行研究を批判的に読み込むことができる。
・オリジナリティを追求できる力量や論文執筆に当たり考慮すべき論理、構成、
 表記等、研究を遂行する上で必要な力量を身に付けることができる。
授業計画と内容 学術論文の紹介と専門書の輪読(24回)
 学生の課題研究に関連する学術雑誌掲載の英語論文数編を精読させ、その内容をわかりやすく要旨にまとめ、各自の課題研究と関連させて発表させ、質疑に応答させる。また、英語で書かれた専門書を輪読し、その内容理解や関連する知識を深める。
研究課題の報告(6回)
 各自の研究課題について、その方法や成果などを報告させ、問題点や今後の展開について討論する。

フィードバック
 適宜行う。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
・討論への積極的な参加(40点)、発表の際の要旨の完成度および内容の理解度(60点)。
・原則すべての回への参加を求める。
【評価基準】
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 植物生産管理学、作物学、育種学、蔬菜花卉園芸学、果樹園芸学に関する基礎知識を習得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 発表に先立って十分な準備を行い、完成度の高いレジュメ作成と発表を行うこと。
教科書
  • 配布レジュメを使用する。