コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 園芸科学演習

園芸科学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 4A506 SJ78
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3・4
教員
  • 土井 元章(農学研究科 教授)
  • 田中 義行(農学研究科 准教授)
  • 大野 翔(農学研究科 助教)
  • 田尾 龍太郎(農学研究科 教授)
  • 山根 久代(農学研究科 准教授)
  • 西山 総一郎(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 園芸科学に関して基礎的、応用的な事項を扱った外国語の研究論文の中から、各自学生は適当と考えるものを選んで発表する。その内容について参加者全員で論議し、理解を深める。教員は園芸分野におけるその時々の問題点と関連させて解説を加える。
到達目標 園芸科学に関する科学論文を正しく理解し、その研究の独創性や意義を説明することができる。
授業計画と内容 毎週月曜日通年、年間30回実施する。園芸科学の学術論文を掲載した最新の外国雑誌より、学生各自が最も関心を抱いた論文1点を選んで精読し、要点を簡潔に記したレジュメを作成・提出させ、それに従って発表させる。毎回1~2名ずつ、各自年間3~4回発表させる。学生からの質問は随時受け付け、フィードバック期間中に回答する。
成績評価の方法・観点 出席率、発表内容、課題への取り組む姿勢などにより総合的に評価する。評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 園芸学に関する基礎的な知識を修得していること。
授業外学習(予習・復習)等 レジュメを決められた期日までに配布すること。また、関連する事項や論文については予め予習しておくこと。