コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 作物科学演習

作物科学演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 4A505 SB78
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3・4
教員
  • 白岩 立彦(農学研究科 教授)
  • 田中 朋之(農学研究科 准教授)
  • 田中 佑(農学研究科 助教)
授業の概要・目的  各研究分野ごとに,内外の学術雑誌から適当な論文を選んで,学生にその内容を紹介させる.あるいは,学生の担当する研究成果について中間発表をさせる.発表された内容について,教官および学生が論議する.
 以上のことを通じて,学生に各研究分野の研究の動向を理解させ,あわせて学生の論文読解力および発表能力の向上を図る.
到達目標 自分が行っている研究内容を的確にに説明できる。
作物の特性と生産に関する最近の研究論文を少なくとも2つ詳細に説明できる。
授業計画と内容 ダイズの多収性および環境適応性などに関連する最新の研究論文を学生に紹介させ議論する(5回)。
イネおよびソバの子実品質生理などに関連する最新の研究論文を学生に紹介させ議論する(5回)。
イネおよびダイズの光合成生理などに関連する最新の研究論文を学生に紹介させ議論する(5回)。
成績評価の方法・観点 出席回数(50点)、発表の仕方と理解度(50点)に基づいて判定する。評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 作物学、育種学を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 事前に配布される紹介資料を一読すること。
発表の準備は十分に時間をかけて行うこと。
教科書
  • 発表者が資料を配布する。