コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 資源生物科学専門外書講義II(資源植物G)

資源生物科学専門外書講義II(資源植物G)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 3A237 LJ81
  • U-AGR01 3A237 LJ84
  • U-AGR01 3A237 LJ78
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 林 由佳子(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的 資源植物に関する外国専門書および学術論文等を選定し、輪読によって内容を正確に理解する能力、読解力を向上させる。
到達目標 英語の文献を読み解くための基礎技術を修得するとともに、図表などで示されるデータの解釈や関連資料等へのアクセスの仕方、専門用語などの知識を身につける。
授業計画と内容 資源植物の遺伝、生理、生態、生産、利用に関わる学術論文・専門書(英語)・雑誌記事・ウエブ記事を素材として選定し、英語文献を読む能力を身につける(授業回数14回、フィードバック1回)。本講義では、『Umami:Unlocking the secrets of the Fifth Taste Ole G. Mouritsen and Klavs Styrbak(Ed) Columbia University Press, ASIN: B01K0VE6GC』を輪読形式で読み進めていく。適宜、関連する学術論文・記事等のプリントを配布し、内容の発表をしてもらう。
フィードバック期間に、メールで質問等を受け付ける。
成績評価の方法・観点 【評価方法】出席回数(20%)と発表内容や議論への参加状況(80%)などで評価する。

【評価基準】評価基準及び方針 については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針 ]による。
履修要件 資源生物科学専門外書講義I (科目番号A236) と半期ずつ、合わせて通年(合計4単位)履修すること。
授業外学習(予習・復習)等 授業では、配布した英語の論文・専門書について講義し輪読を行うため、
入念な予習と復習が必要である。
教科書
  • 必要な教材は、事前もしくは講義時間内に配付する。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目