コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 資源生物科学科 熱帯農業生態学

熱帯農業生態学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR01 3A232 LJ85
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金4
教員
  • 樋口 浩和(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 はじめに、熱帯における気候の特徴、土壌環境について概説する。次に、各論として、各熱帯作物の生態学的特性や起源、利用について詳細に説明した後、東南アジア大陸部を例にとり、熱帯地域の土地利用と営農システムについて講義する。
到達目標 ・熱帯地域の農業及び環境問題の基礎を理解する。
・熱帯地域の気候・土壌特性を理解する。
・熱帯作物に関する知識を深める。
・東南アジア大陸部を例に、熱帯地域の営農体系、資源管理の現状と問題点を理解する。
授業計画と内容 第1~2週:熱帯の気候と自然植生 日射、気温、降水量、蒸発散の地理的分布と年変化の特徴、降水の支配要因、気候区分について説明すると共に、熱帯自然植生の分布と特徴、森林の気候への影響等を概説する。

第3週:熱帯の土壌 土壌の成因、粘土鉱物の形成過程と特性、熱帯の土壌の種類・特徴および分布、作物生育への影響について解説する。

第4~10週:熱帯作物の特性 熱帯地域の主要な畑作物・園芸作物・特用作物について、生理生態的特性・起源・現在の分布・利用について詳細に説明する。

第11週:農業形態と作付体系 熱帯地域の主要な農業形態と作付体系について、その特徴と形成される耕地生態系の特性を説明する。

第12~14週:東南アジアの土地利用と営農システム-農業生産の生態基盤 東南アジア大陸部を中心に、現在の土地利用・営農システムの成立要因および変遷過程を、自然環境の影響を中心に概説する。

第15週:フィードバック
成績評価の方法・観点 試験によって行う。評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 土壌学Ⅰ、生態学を履修しておくことが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 ・シラバス記載の授業計画を見て、関連する事柄について下調べをしておくこと。
・メールで出席をとる際に、授業内容を復習し、内容について質問する、あるいは意見を述べること。
教科書
  • プリントを配布する。
参考書等
  • 熱帯農学概論, 江原宏・樋口浩和編, (培風館),
関連URL
  • http://ocw.kyoto-u.ac.jp/faculty-of-agriculture-jp/2011/department-01/5181000/lecturenote