コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 建築構造力学III

建築構造力学III

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 34022 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 4 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2・水2
教員
  • 竹脇 出(工学研究科 教授)
  • 大﨑 純(工学研究科 教授)
  • 張 景耀(工学研究科 准教授)
  • 藤田 皓平(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 骨組構造について仮想仕事の原理とエネルギー原理を定式化し、応力法、剛性法(変位法)の基礎概念とマトリックス構造解析法を概説する。たわみ角法やモーメント分配法などの伸びなし変形理論の諸解法に論及した後、建築骨組の静力学特性と実用計算法の基礎および塑性解析の基礎を概説する。随時演習問題を課す。
到達目標 応力法、変位法の基礎概念とマトリックス構造解析法を修得し、仮想仕事の原理およびエネルギー原理を修得する。さらに、たわみ角法および塑性解析の基礎を修得する。学科で掲げる学習・教育目標の中の、C.実践能力、 C1.建築物を実現する能力
授業計画と内容 骨組理論概説・たわみ角法,4回, 骨組の構成要素、種類、解析モデル、たわみ角法公式、節点方程式、層方程式について講述する。演習を行う。

モーメント分配法,1回, 節点移動の無いラーメンのモーメント分配法について講述する。

建築立体骨組,2回, 剛床で連結された平面骨組、水平力分担公式、建築骨組の構造設計について講述する。

変位法と応力法,9回, 部材剛性行列、単純モデルおよびトラスの系剛性方程式、剛接骨組の系剛性方程式、中間荷重の取扱い、不安定骨組、応力法の考え方、拘束の除去と適合条件について講述する。演習を行う。

仮想仕事の原理,5回, 仮想変位の原理、単位仮想変位法と剛性法、仮想力の原理、単位仮想荷重法について講述する。

エネルギー原理,3回, 全ポテンシャルエネルギー停留および最小の原理、コンプリメンタリーエネルギー停留および最小の原理について講述する。演習。

極限解析と弾塑性解析,5回, 完全弾塑性梁の荷重-変位曲線、塑性ヒンジ、塑性崩壊、仮想仕事(速度)式、極限解析の基礎定理、ラーメンの極限解析、弾塑性解析法について講述する。演習を行う。

期末試験/学習到達度の評価

フィードバック授業,1回, KULASIS等を利用して定期試験問題の解説等を行う。
成績評価の方法・観点 期末試験により行う。
履修要件 建築構造力学I, 建築構造力学II
授業外学習(予習・復習)等 教科書の章末の練習問題を授業の進行に合わせて解くこと。
教科書
  • 「建築構造力学 図説・演習 II」;中村恒善 編著、石田修三、須賀好富、松永裕之、永井興史郎 共著、丸善
参考書等
  • 大崎 純,本間俊雄,例題で学ぶ建築構造力学2:不静定構造力学編,コロナ社, 2013.
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目