コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 鉄骨構造I

鉄骨構造I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 34020 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 池田 芳樹(防災研究所 教授)
  • 聲高 裕治(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 鉄骨構造に用いられる鋼材の製法や力学特性,骨組構造の構成,設計法の概要を講述し,鉄骨構造の機能性・安全性を支配する主要因の1つである崩壊荷重を決定する塑性理論を詳述するとともに,構造設計への適用法を解説する。また,適宜演習を課すことによって理論の習得をはかる。
到達目標 鋼材の機械的性質を理解し,鉄骨構造骨組の力学挙動を理解するために必要な理論とこれに基づく設計法を習得する。
学科で掲げる学習・教育目標の中の,B.専門知識と基礎知識,B3.建築の構造的側面の理解能力。
授業計画と内容 第1~3回  鋼の製造と鋼材の性質
  鉄とその原料/製鉄技術の歴史/鋼材の分類と化学組成/鋼材の機械的性質と応力-歪関係/新しい建築構造用鋼材

第4回  鋼構造骨組の軸組と接合部
  典型的な軸組と大規模構造物の軸組例/部材の種類と用途/接合方法の概要/1995年兵庫県南部地震による鉄骨造建物の被害

第5回  部材・接合部の耐力と骨組の挙動
  部材・接合部の力学特性と骨組の挙動

第6回  設計荷重
  設計荷重と設計法の概要

第7~8回  鋼材の降伏条件と全塑性モーメント
  鋼材の降伏条件/部材断面の全塑性モーメント/全塑性モーメントに及ぼす軸力・せん断力の影響

第9~10回  骨組の塑性崩壊
  曲げ材の塑性崩壊/塑性崩壊の定義と崩壊機構/仮想仕事の原理/単純な骨組の塑性崩壊

第11回  塑性崩壊の定理
  塑性崩壊の基本定理/降伏曲面とその特性/塑性ヒンジの概念

第12~14回  骨組の塑性崩壊荷重の計算法
  機構法(仮想仕事法)の幾何学的意味/分布荷重を受ける骨組/一定鉛直荷重と比例水平荷重を受ける骨組/柱梁接合部パネルを考慮した塑性解析/フロアモーメント分配法

≪期末試験≫
第15回  フィードバック
成績評価の方法・観点 【評価方法】
  期末試験の成績(80%),講義中などに課す演習課題の評価(20%)

【評価方針】
  到達目標について,工学部の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 建築構造力学I,IIを修得していることが望ましい
授業外学習(予習・復習)等 教科書や参考書によって,該当箇所の予習・復習を行うこと。
講義中などに課す演習課題や教科書の演習問題などにより,理解を深めること。
教科書
  • 建築鋼構造-その理論と設計-, 井上一朗・吹田啓一郎, (鹿島出版会), ISBN:978-4306033443
参考書等
  • 鉄骨の設計, 若林實, (共立出版), ISBN: ISBN:978-4320076464
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    池田芳樹(鹿島建設 31年) 聲高裕治(大成建設  2年)

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    ゼネコンの技術者としての幅広い経験を踏まえて、実務に即した実践的な視点で講義する。