コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 建築設計論

建築設計論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 24016 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 平田 晃久(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 建築設計には、様々な分野の知見を総合的に関連付け、一つの新しい全体像として提示する建築的想像力が求められる。同時に、現実の動的な関係性の中で建築を位置づけ、構想を具体化するための柔軟な思考力も求められる。こうした能力の基礎となる考え方や実例を、建築設計のフレームワーク/リアリティー/アクチャリティーの三つの側面から論じる。
到達目標 B. 専門知識・基礎知識、B2建築の設計・計画的側面の理解能力
建築設計を支える思想・技術・社会的背景と実際の設計行為の関係について、様々な実例を通して理解し、独自の考察を行う能力を培う
授業計画と内容 建築設計のフレームワーク,5回,建築の背後にある思想、発見的視点を、非建築も交えた多彩な事例をもとにひも解く
01 概説
02 人工/自然
03 立体としての建築
04 空間/環境
05 からまりしろ

建築設計のリアリティー,5回,実際の建築の設計、製作現場ではなにが起こっているのか、豊富な実例で示す
06 ノーテーション
07 模型
08 エンジニアリング(構造)
09 エンジニアリング(環境)
10 コンストラクション

建築設計のアクチャリティー,5回,建築は現実の世界になにをもたらしえるのか、世界の実例をもとに考察する
11 建築家1
12 建築家2
13 建築のコミットメント1
14 建築のコミットメント2
15 都市環境との融合

学習達成度評価,1回,学習達成度の評価を行う。
成績評価の方法・観点 平常点(20%)とレポート評価(80%)によって行う
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 できるだけたくさんの建築空間を体験し、その背景にある設計思想や、空間構成、構法、材料などに関して関連する作品集や雑誌などを通して学び、自身の体験と重ね合わせてその建築がどのように設計されたか、考察する。
教科書
  • 『建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』LIXIL出版社 isbn{}{9784872751666}
参考書等
  • 『Discovering New 平田晃久建築作品集』TOTO出版 『JA108 Akihisa HIRATA 2017-2003』新建築社 『20XXの建築原理へ』INAX出版 isbn{}{9784872751581} 『建築家の読書術』TOTO出版 isbn{}{9784887063143} 『ここに、建築は、可能か』TOTO出版isbn{}{9784887063310}
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目