コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 建築構造力学II

建築構造力学II

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 24012 LJ74
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 竹脇 出(工学研究科 教授)
  • 林 康裕(工学研究科 教授)
  • 藤田 皓平(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 棒材の軸変形および梁の曲げ変形の解析法について講述する。次に、不静定梁の理論として応力法と変位法について解説した後に、静定トラス、静定ラーメンなどの建築平面骨組の初等的解析法について講述する。また、柱の座屈の基本的考え方についても解説する。講義時間内に随時演習問題を課し解説を行う。
到達目標 梁の曲げ変形の解析法と不静定梁の解析法を修得し、静定トラス、静定ラーメン、および柱の座屈の基本的考え方を修得する。学科で掲げる学習・教育目標の中の、B.専門知識と基礎知識、 B3.建築の構造的側面の理解能力
授業計画と内容 棒材の弾性変形と梁の曲げ変形,1回, 梁のたわみ曲線の微分方程式とその解法。モールの定理。演習。

不静定梁1,3回, 断面力・反力を未知量とする解法(応力法)。演習。

不静定梁2,3回, 変位を未知量とする解法(変位法)。演習。

静定骨組,4回, 静定トラスと静定ラーメンの断面力算定法。

柱の座屈,3回, 梁要素の軸方向力とたわみの積の効果を考慮に入れた釣合式。固有値問題。座屈たわみ角法。演習。

期末試験/学習到達度の評価

フィードバック授業,1回, KULASIS等を利用して定期試験問題の解説等を行う。
成績評価の方法・観点 期末試験により行う。
履修要件 建築構造力学I
授業外学習(予習・復習)等 教科書の章末の練習問題を授業の進行に合わせて解くこと。
教科書
  • 「建築構造力学 図説・演習 I」中村恒善 編著、野中泰二郎、須賀好富、南宏一、柴田道生 共著、丸善
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目