コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 建築構造力学I

建築構造力学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 24011 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 大﨑 純(工学研究科 教授)
  • 張 景耀(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 建築構造物の形,構成要素,構造設計の基本事項について概説し,骨組構造解析のための力学モデル,基礎概念,理論構成および適用方法を解説する。応力とひずみの定義,構造材料の力学的特性と数式表現,棒材の断面力と変形,静定ばりの理論と応用について講述する。
到達目標 建築構造力学の基礎を学習し,建築構造力学II,IIIを履修するための知識を修得する。
学科で掲げる学習・教育目標の中の,B.専門知識と基礎知識、B3.建築の構造的側面の理解能力
授業計画と内容 第1回(大崎)
 ガイダンス,建築構造力学の役割と静力学の基礎。
第2回(大崎)
 力学の基礎概念である変位,ひずみ,力,力のモーメントを導入し、
 自由体に作用する力の釣合条件式を記述する。
第3回(大崎)
 鉄鋼やコンクリートなど,構造材料に力が作用したときの変形過程について
 概説し,弾性,塑性,粘性などの用語を説明する。
第4回(大崎)
 応力とひずみの定義を示した後,弾性体についての応力とひずみの関係式を導く。
第5回(大崎)
 骨組構造を解析するときの基礎方程式の成り立ち,初等解析で用いられる仮定や
 近似について講述する。
第6回(大崎)
 棒材の断面力を定義する。
第7回(大崎)
 静定梁を定義し,支点に作用する反力と,断面力を自由体の釣合式から求める
 方法を説明する。
第8回(大崎)
 梁の微小要素に作用する断面力と外力の釣合から梁の基本釣合微分方程式を
 誘導し,これを用いた静定梁の解法と断面力図の描き方を説明する。
第9回(大崎)
 第1回~8回の演習
第10回(張)
 平面保持の仮定に基づいて,軸力と曲げを受ける弾性梁の断面に生じる応力を
 求める方法を解説する。
第11回(張)
 曲げを受ける梁に生じるせん断応力,ねじりを受ける梁に生じるせん断応力
 を求める方法について解説する。
第12回(張)
 断面の諸量と座標変換について解説する。
第13回(張)
 傾斜した断面に作用する応力を求める公式を誘導し,モールの応力円を用いた
 解法を説明する。
第14回(張)
 第9回~13回の演習
第15回(張)
 講義内容のまとめを行ったあと,学習到達度の確認を行う。
成績評価の方法・観点 期末試験により行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示する。
教科書
  • 建築構造力学 図説・演習 I, 中村恒善 編著, (丸善), ISBN:4-621-03965-2
参考書等
  • 例題で学ぶ建築構造力学1:静定構造力学編, 大崎 純,本間俊雄, (コロナ社), ISBN: ISBN:978-4-339-05236-7
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目