コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 建築環境工学I

建築環境工学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 24009 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 原田 和典(工学研究科 教授)
  • 小椋 大輔(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 快適かつ安全な環境を構築するため,建築計画上考慮すべき基本的な環境要素のうち,放射・日射,熱,湿気,空気の建物内外における性状とそれらの解析法,予測計算法について講述する.また,それら環境要素の生理的・心理的影響を考慮した評価法についても講述する.これにより,環境工学的観点より建物を評価し,建築設計に反映させる能力を習得させることを目指す.
到達目標 環境工学的観点で建物を評価し,それを建築設計に反映させる能力を身につけさせることを目標とする.

B1:科学的問題解決能力,
B4:建築の環境工学的側面の理解能力,
C1:建築物を実現する能力
授業計画と内容 建築と気候(3回)
建築環境工学の役割、気象条件(気温、風、日射)の変動特性、地域的特性および建物回りの外部環境と室内環境との関係

熱環境(2回)人体の熱発生と放散のメカニズム
体温調節機構、熱的快適性、体感温度指標と建物設計

建築伝熱(3回)
定常熱伝導と壁体の熱特性・熱伝達率との関係、供給熱量と室温、非定常熱伝導および室内湿度と結露

空気環境と換気(4回)
室内空気汚染の要因と必要換気量、換気のメカニズム、温度差換気と風力換気の計算法

放射熱伝達(2回)
放射熱伝達の原理、建築への利用法

期末試験/学習到達度の確認(1回)
講義内容の理解、習熟度の確認
成績評価の方法・観点 期末試験等により行う.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義中に出題されるQuiz等を通じて適切な復習を行うことが推奨される.
参考書等
  • 建築環境工学II, 鉾井修一,池田哲朗,新田勝通, (朝倉書店), ISBN: ISBN:4254268637