コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 建築学科 工業数学C

工業数学C

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG24 22102 LJ74
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 小坂 篤志(非常勤講師)
授業の概要・目的 フーリエ解析とフーリエ解析を用いた微分方程式の解法について講義する。
具体的な問題を微分方程式で記述し、フーリエ解析を用いて考察することを目的とする。
到達目標 本科目の単位取得者は、
(1)フーリエ級数とフーリエ変換の計算ができること。
(2)フーリエ解析を用いて、線形常微分方程式を解くことができること及び解析結果の説明ができること。
(3)フーリエ解析を用いて、線形偏微分方程式を解くことができること及び解析結果の説明ができること。

これにより、学科で掲げる学習・教育目標のなかのB1科学的問題解決能力を習得する。
授業計画と内容 フーリエ級数,5回,周期的な現象や時空間に広がりのある現象を解析するための道具として、フーリエ級数展開を説明する。\ これらの応用として、線形常微分方程式の解析法や周期関数の近似への応用について紹介する。
中間試験,1回,フーリエ級数の諸概念や計算に対する習熟度を確認する為の試験を行う。
線形偏微分方程式の解法,5回,フーリエ級数を用いた線形偏微分方程式の解法と得られた解の性質について説明する。\ 特に、温度分布の時間変化や波の伝搬を記述する方程式について紹介する。
フーリエ変換,3回,非周期的な現象を解析するための道具として、フーリエ変換を説明する。 \ フーリエ変換を用いて、非周期的な現象を表す線形偏微分方程式の解法について紹介する。
学習到達度の確認,1回,学習到達度の確認を行う。
成績評価の方法・観点 レポート等(20%)、中間試験(30%)、定期試験(50%)を目安に評価を行う。
履修要件 微分積分学A、微分積分学Bの内容を予備知識として仮定している。
授業外学習(予習・復習)等 初回講義時に毎回の講義内容が教科書のどのあたりに当たるかを示したシラバスを渡すので、それを参考にして該当部分に目を通してください。
また、計算能力が重要な講義なので、復習や試験対策に際しては計算練習をしておくことを推奨します。
教科書
  • フーリエ解析 基礎と応用, 松下泰雄, (培風館), ISBN:9784563011093
参考書等
  • フーリエ解析と偏微分方程式, E.クライツィグ著、阿部寛治訳, (培風館), ISBN: ISBN:4563011177