コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 地球工学科 特別研究(環境工学コース)

特別研究(環境工学コース)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG23 43999 GJ14
  • U-ENG23 43999 GJ73
  • U-ENG23 43999 GJ77
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 5 単位
授業形態 演習
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 高岡 昌輝(工学研究科 教授)
  • 大下 和徹(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 関係教員の指導のもと、環境問題に関連した具体的な研究課題について、自らが主体的に取り組み、問題解決能力等を養うとともに、研究成果を特別研究論文としてまとめ、発表を行う。
到達目標 研究課題の設定、研究計画の立案、遂行、論文執筆、発表に至る一連の研究活動を理解し、習得すること。
授業計画と内容 第1~10回 研究課題の設定:
 関係教員の指導のもと、研究課題を設定する。

第11~25回 先行研究の収集、研究方法の検討:
 研究課題に関連した先行研究の文献を収集し、批判的にレビューし、研究方法を検討する。

第26~30回 研究計画の立案
 関係教員の指導のもと、研究計画を立てる。

第31~60回 実験、調査、データ解析の実施
 関係教員の指導のもと、実験、調査、データ解析等により研究を遂行する。

第61~74回 特別研究論文の作成
 得られた結果を基に、特別研究論文の執筆を行う。

第75回 特別研究の発表
 特別研究論文の成果について発表を行い、主査・副査を始めとする発表会参加者と討議し、到達度・理解度についてフィードバックする。
成績評価の方法・観点 成績評価は、環境工学コース特別研究論文の執筆要領にしたがって作成した特別研究論文、および特別研究発表会での発表に基づいて行う。
履修要件 入学年次の地球工学科の「卒業要件および特別研究着手条件等について」における、特別研究の着手条件を満たしていること。
授業外学習(予習・復習)等 関係教員の指示にしたがう。
教科書
  • 関係教員の指示にしたがう。