コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 地球工学科 地球工学デザインA

地球工学デザインA

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG23 43177 LJ73
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 川崎 雅史(工学研究科 教授)
  • 高橋 良和(工学研究科 教授)
  • 八木 知己(工学研究科 教授)
  • 山口 敬太(工学研究科 准教授)
  • 長濱 伸貴(非常勤講師)
  • 八木 弘毅(非常勤講師)
授業の概要・目的 「土木工学デザイン」を意味する本授業では、土木設計の工学技術的側面と景観設計的側面を同時に考慮しながらひとつの基盤的空間へと統合するプロセスと方法論について、歩道橋のデザインを例に学習する。本授業では、構造力学、材料学、景観デザインなどが統合的に扱われる。また、前提となる歩行動線や交通量、幅員などの計画的問題にも触れる。受講者は、自ら歩道橋を設計することを通じて、土木デザインの統合性と、土木技術者だからこそ可能な、そして土木技術者にこそ求められるデザイン領域への視座を獲得する。また、後半5回は、社会の第一線で活躍する実務家を招いた特別授業も行う。
到達目標 土木設計の工学技術的側面と景観設計的側面を同時に考慮しながらひとつのデザインへと統合するプロセスと方法論について、歩道橋のデザインを通じて学ぶ。また、実際の土木デザインの最前線にも触れる。最終的には、土木技術者としてのデザインマインドの形成と向上を図る。
授業計画と内容 土木デザイン概論(1回) 土木デザインについて、設計と意匠、設計思想、形と寸法、設計方法などについて概説する。
土木デザイン演習(8回) 現地調査、条件整理、計画、案創出、構造検討、詳細検討、作図、模型制作、発表という一連のプロセスを、演習を通じて経験する。土木工学の基礎的な知識を統合しながら、ひとつの優れたデザインを生み出す。
土木デザインの最前線(5回) 土木デザインの第一線で活躍する3名の実務家を招いての授業。講義だけでなく、それぞれに講師と学生との自由な対話の時間を設ける。
フィードバック(1回) 本講義において示した課題(試験、レポート等)に対するフィードバックを行う。
成績評価の方法・観点 平常点(40%)、演習課題の成果(60%)を総合して評価する。平常点評価においては出席を重視する。
履修要件 必須ではないが、3年次の「都市景観デザイン」を履修しておくことが望ましい。また、構造力学や材料学の基礎知識を有すること。
授業外学習(予習・復習)等 課題の進捗状況に応じて、締め切りまでに合わせて各自課題を遂行すること。
教科書
  • 課題演習の内容に応じて、必要なプリントを配布する。
参考書等
  • 歩道橋の設計ガイドライン, 土木学会構造工学委員会, (土木学会), ISBN: ISBN:9784810607147
  • 橋のディテール図鑑, 久保田善明, (鹿島出版会), ISBN: ISBN:9784306072831
  • Footbridges 構造・デザイン・歴史, Ursula Baus等[著](久保田善明[監訳]),, (鹿島出版会), ISBN: ISBN:9784306072848
  • 土木デザイン論, 篠原修, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:4130611240
  • コンパクト建築設計資料集成 都市再生, 日本建築学会[編],, (丸善), ISBN: ISBN:4621087568
  • 研ぎすませ風景感覚1 名都の条件, 中村良夫, (技報堂), ISBN: ISBN:4765516008
  • 研ぎすませ風景感覚2 国土の詩学, 中村良夫, (技報堂), ISBN: ISBN:4765516016
  • 風景学入門, 中村良夫, (中公新書), ISBN: ISBN:412100650X
  • テキスト ランドスケープデザインの歴史, 武田史郎ほか, (学芸出版社), ISBN: ISBN:9784761531874
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    都市施設の計画・設計に関する実務

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    計画・設計の内容や方法を解説。