コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 地球工学科 空間情報学

空間情報学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG23 33148 LJ73
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 畑山 満則(防災研究所 教授)
  • 須崎 純一(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 国土や環境に関する空間情報を収集・管理・分析する技術について解説する。特に、地理情報システム、衛星リモートセンシング、ディジタル写真測量に焦点を当てる。
到達目標 リモートセンシングや写真測量等の空間情報を取得する技術や、空間情報を効果的に処理・表示するシステムであるGISの個々の技術的な内容だけでなく、相互の関連性の視点に基づく効果的な在り方を理解する。
授業計画と内容 空間情報学概説,1回,空間情報学の意義と役割、空間情報学を支える先端技術(リモートセンシング、地理情報システム、ディジタル写真測量等)について概説する。また、設計、施工、管理まで3次元データを共有化するCIM (Construction Information Modeling)の概念や、空間情報学の視点からの今後の動向を理解する。
地理情報システム,6回,地理情報の数理表現手法と地理情報システムについて解説する。(1)地図投影法と座標系、標準地域メッシュコード、(2)数値地理情報の数理表現手法と地理情報システム(GIS)、(3)数値地形モデル、(4)空間情報の分析手法とシミュレーション手法。地球工学分野での応用例を多数紹介し、理解を深める。
ディジタル写真測量,2回,画像の基本的な概念を理解した後に,(1)内部標定, (2)外部標定, (3)共線条件等について理解を深める。
リモートセンシング,4回,(1)可視・近赤外リモートセンシング, (2)熱赤外リモートセンシング, (3)マイクロ波リモートセンシングについて理解を深める。
3次元点群データ処理,1回,航空機や地上からレーザ計測(Light Detection and Ranging:LiDAR)で得られた3次元点群の処理について理解を深める。
学習到達度の確認,1回,本講義の内容に関する到達度を確認(講評)する。
成績評価の方法・観点 成績は、前半部分(GIS)の評価、後半部分(リモートセンシング・写真測量)の評価(期末試験)、レポートを総合的に考慮して評価する。
履修要件 確率統計及び演習(2年前期)、測量学及び実習(3年前期)を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 確率統計及び演習(2年前期)や基礎的な数学の復習が望まれる。
教科書
  • 空間情報学, 須﨑純一, 畑山満則, (コロナ社), ISBN:9784339056389
参考書等
  • 図解リモートセンシング, 日本リモートセンシング研究会, (日本測量協会), ISBN: ISBN:BB01990469
  • 地理情報システムを用いた空間データ分析, 張長平, (古今書院), ISBN: ISBN:9784772231244