コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 原子炉物理学(原)

原子炉物理学(原)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35203 LJ77
  • U-ENG25 35203 LJ52
  • U-ENG25 35203 LJ28
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 神野 郁夫(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 原子炉物理学の基礎を講義する.具体的には,原子核の物理,中性子と物質の反応,核分裂と連鎖反応,中性子の拡散,原子炉の臨界,中性子の減速,原子炉の動特性,原子炉の反応度,燃焼,原子炉の炉心設計,について述べる.
到達目標 原子炉内部の中性子挙動を理解する.
授業計画と内容 原子核反応,4回,原子核の物理:原子核の構造,原子核の壊変,核反応\中性子と物質の反応:断面積,中性子束\核分裂と連鎖反応:核分裂反応,核分裂エネルギー,核分裂生成物\
原子炉の臨界,4回,中性子の拡散:拡散方程式,境界条件,多群拡散方程式\原子炉の臨界:無限均質体系,実効増倍率,バックリング,臨界方程式,反射体\中性子の減速:弾性散乱,減速過程,共鳴吸収,熱中性子スペクトル\
原子炉の動特性,3回,原子炉の動特性:動特性方程式,逆時間方程式,反応度印加\原子炉の反応度:原子炉の出力変動,反応度係数,固有安全性\燃焼:燃料の燃焼,核分裂生成物の毒作用\
原子炉物理の応用,3回,原子炉物理の応用:臨界安全,再処理,最終処分,廃炉,ガン治療\
学習到達度の確認,1回,
成績評価の方法・観点 試験.素点で評価する.
履修要件 基本的な物理学.微分方程式.
授業外学習(予習・復習)等 講義の後に,自分で練習問題を解くこと.
教科書
  • プリントを配布.
参考書等
  • 指定しない.
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    日本原子力研究所で5年半勤務.原子炉実験,加速器実験,などを行ってきた.