コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 高分子材料概論(材)

高分子材料概論(材)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35200 LJ75
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 非常勤講師(非常勤講師)
授業の概要・目的 高分子化合物および高分子材料について,その概念の確立と発展の歴史を振り返ったあと,高分子の分子量、化学構造および分子形態,高分子の設計と合成、高分子物質の構造、状態と性質,高性能高分子材料と機能性高分子材料などについて解説するとともに、これらに関連する科学的な課題を論じる.
到達目標 高分子材料についての基礎知識の習得と科学的理解力・創造力の涵養.
授業計画と内容 高分子とは何か(1回)
高分子の定義,分類,特性,分子構造について概説し,高分子の概念がどのように生まれ,現在の高分子化学・工業に育ってきたかを述べる.
高分子の分子キャラクタリゼーション(3回)
高分子の分子量(分子量分布と平均分子量)とその測定法,および高分子の化学構造(立体構造,幾何構造,末端構造など)と分子形態を論じる.
高分子の合成(4回)
高分子合成には大別して連鎖重合と逐次重合があり、前者の例としてラジカル重合,イオン重合,配位重合について、後者の例として重縮合、重付加について解説する.共重合,リビング重合,特殊構造ポリマーの合成などについても言及する.
高分子物質の構造と性質(4回)
高分子物質の基本的な状態(溶液、液体、結晶性固体、無定形固体、液晶、ゲルなど)について説明し、それぞれの状態にある高分子物質の分子形態、分子集合構造、および物理化学的・力学的性質を論じる.高分子ブレンドや共重合体など多成分高分子物質の構造と性質についても言及する.
高分子材料の種類、特性、用途(2回)
種々の汎用高分子材料および高性能高分子材料や機能性高分子材料の構造と特性・用途について解説する.有機・無機複合材料についても言及する。
学習到達度の確認(1回)
上記の各学習内容の総まとめ
成績評価の方法・観点 定期試験および平常点を総合して評価する.
履修要件 高校ないし大学初級レベルの化学の知識を必要とする.
授業外学習(予習・復習)等 配布資料を用いて予習ならびに復習すること。
教科書
  • 特になし(配布資料と板書で講義を行う)
参考書等
  • (改訂)高分子化学入門( 2006), 蒲池幹治, (NTS), ISBN: ISBN:9784860431242
  • 高分子の構造と物性(2013), 松下裕秀編, (講談社), ISBN: ISBN:9784061543805