コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 原子核工学実験1

原子核工学実験1

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35158 EJ57
  • U-ENG25 35158 EJ53
  • U-ENG25 35158 EJ77
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 3 単位
授業形態 実験
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1・2・3・4
教員
  • 全員(工学研究科)
  • 田崎 誠司(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 原子核工学の基礎となる広範な理工学分野(物理学,化学,生物学,電気工学,機械工学,材料工学など)の基本的知識および原子核工学特有の放射線や量子ビームに関連する基礎知識と標準的な実験操作につき実習を通じて学修すると共に、放射性同位元素および放射線発生装置を安全に取り扱う手法や実験データ処理法、科学レポート作成法を学修する。
到達目標 ・工学技術者としての実験的感覚と常識を身につける。
・理工学に関する基本的知識と技術を習得し、実践できるようになる。
・原子核工学に関する基礎知識と技術を習得し、実践できるようになる。
・自らと周囲の安全に配慮して実験を行う手法を身につける。
・課題に対し、自主的、主体的、継続的に取り組む能力を養う。
授業計画と内容 以下のテーマにつき演習する。うちいくつかのテーマは放射性同位元素等取扱新規教育訓練を兼ねる。
実験グループ毎に履修の順序は異なり、演習内容は変更する場合がある。

第1回 実験概要説明 各実験課題の概要説明、テキスト配布、予備学習の指示や注意などを必要に応じて実施する。

第2回 工学レポート作成基礎 実験レポート作成について講述するとともに、演習を行い、実験レポート作成の基礎を修得する。

第3回 RI安全取扱講習 放射性同位元素(RI)の取扱いに関し学修する。
    核燃料物質取扱講習 核燃料物質の取扱いに関し学修する。

第4回 製図 製図法の基本的事項について演習および講義を行う。

第5回 機械工作安全実習 ボール盤や旋盤などの工作機械を取り扱う際の安全に関し、実際の工作機械を用いて学習する。

第6回 電子工作安全実習 様々な回路を組み立て、安全かつ確実な回路製作術を身につける。

第7回 α線の吸収 半導体検出器によるα線の検出およびα線の物質によるエネルギー吸収、飛程、ストラグリングなどについて学ぶ。

第8回 β、γ線の吸収 β線やγ線の物質によるエネルギー吸収の実験を通してRIを安全に取扱う実習を行う。

第9回 X線回折 粉末X線回折装置を用いて、X線の基本的な性質を理解するとともに、回折パターンと結晶構造の関係について学修する。

第10回 大気PIXE・PIGE分析 陽子ビームを大気中に取り出し、その飛程の観察を行う。また、物質に照射し発生する特性X線やγ線を計測して微量元素分析を行い、イオンビームの性質や利用法について学修する。

第11回 回路計の実習 アナログおよびデジタルテスターの動作原理と使用法を身につける。

第12回 オシロスコープ・線形回路 パルスの波形観察に欠かせないオシロスコープの取扱法とパルスの観察および回路網にパルスが入ったときの伝わり方を学ぶ。

第13回 アナログ・デジタル回路 半導体素子による増幅回路ならびにデジタル回路の基礎につき、実際にで回路を作製して学習する。

第14回 電子ビーム・真空 電子ビームを電場や磁場によって集束させることにより、静電レンズや磁気レンズの作用を学習するとともに、真空技術の基礎を習得する。

第15回 レポート確認 学習到達度の確認のため、提出レポート内容の確認と、不十分なレポートの再提出指導を行う。
成績評価の方法・観点 毎回レポート課題を課し、到達目標の達成度に基づき各3点満点で評価し、合計点を100点満点に換算して成績とする。
ただし、全課題を受講しレポートを提出することが、単位認定の必要条件である。
提出期限に遅れたレポートは減点することがあり、乱雑なレポートや内容の乏しいレポートは再提出を要求する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 全実験テーマのレポートを期限内に提出すること。
その他、各実験テーマ毎に実験概要説明における指示に従うこと。
教科書
  • 各実験テーマ毎にテキスト・参考資料等を配布する。
参考書等
  • 各実験テーマ毎に必要に応じ適宜紹介する。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    ・RI主任者【工学部の事業所(宇治)におけるRI管理の実務経験】

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    ・RI管理の経験に基づく実務的な教育が行われている。