コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 航空宇宙工学演義(宇)

航空宇宙工学演義(宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 45145 LJ77
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 全員(工学研究科)
  • 高田 滋(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 特別研究を行うのに必要な,あるいは特別研究と関連の深い分野からテーマを選んで演義を行う.
到達目標 特別研究を行うのに必要な数学・力学・物理・化学・工学の基礎を復習するとともに,関連するより詳細な内容を学修する.さらに,関連分野の最新の研究の一端にも触れ,特別研究遂行の礎とする.
授業計画と内容 航空宇宙工学の関連分野(航空宇宙力学,流体力学,流体数理学,推進工学,制御工学,機能構造力学,分子流体力学)にかかわる数学・力学・物理・科学・工学の基礎から詳細について,テーマを選び,実習,演習,ディスカッションにより理解を深める.さらに,関連分野の最新の研究内容にも触れる.(5回:テーマ設定,5回:実習,演習,ディスカッション,5回:関連分野の最新研究動向の理解と演習)
成績評価の方法・観点 発表,レポートなどへの取り組み状況により評価する.
履修要件 物理工学科宇宙基礎工学コースが指定する入学年次の特別研究着手条件を満たしていること.
授業外学習(予習・復習)等 推薦する参考書および学術論文等を学期をかけて読み進めること.
参考書等
  • 各担当教員から研究テーマに応じて指示する.
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    担当教員以外にも商品開発など企業実務経験を有した教員が担当している.