コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 流体力学1(エネ原宇)

流体力学1(エネ原宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 25142 LJ77
  • U-ENG25 25142 LJ71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 大和田 拓(工学研究科 准教授)
  • 杉元 宏(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 流体力学の基本的枠組と基礎的事項について講述する:流体力学の対象、流体運動の基礎方程式、その基礎方程式から導かれる流体運動の一般的性質と基礎的事項。
到達目標 流体力学の基本的枠組と基礎事項を理解する.
授業計画と内容 〇流体力学の対象(1回):流体力学の対象とその取扱い,流体の連続体に関する概念、応力など流体力学の基本的事項について述べる.
〇基礎方程式(2回):流体運動を記述する基礎方程式について説明する.
〇完全流体の力学(7回):基礎方程式,境界条件,ベルヌーイの定理,ケルヴィンの循環保存定理,渦なし流れ,円柱まわりの流れ,平板まわりの流れなどについて説明する.
〇粘性流体の力学(3回):Navier-Stokes方程式,レイノルズの相似則,簡単な厳密解などについて説明する.
〇学習到達度の確認(1回):学習到達度の確認を行う.
〇フィードバック授業(1回):試験の講評などを行う.
成績評価の方法・観点 宿題および試験の総合評価で行う.(宿題40%、試験60%程度の重み)
履修要件 微分積分学続論B(2年後期配当)と並行して受講することを推奨する。なお、本講義は流体力学2・気体力学・空気力学(宇宙基礎工学コース配当)に対する入門編である。
授業外学習(予習・復習)等 適宜宿題を課す.