コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 流体力学1(機)

流体力学1(機)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 25142 LJ77
  • U-ENG25 25142 LJ71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 黒瀬 良一(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 流体力学の基本的枠組と基礎的事項について講述する:流体力学の対象、流体運動の基礎方程式、その基礎方程式から導かれる流体運動の一般的性質と基礎的事項。
到達目標 流体力学の基礎を理解することができる.
授業計画と内容 1回:流体力学の対象。流体力学の対象とその取扱い、流体の連続体に関する概念、流体物性など流体力学の基本的事項について述べる。
2回:静止流体の力学。静止流体の力学として、重力下での圧力分布、圧力と密度の関係、圧力測定法などについて述べる。
4回:粘性流体の運動。粘性流体の運動を記述する連続の式および運動方程式の物理的意味について、それらの支配方程式の導出法も含めて説明する。ついで支配方程式を用いた平行平板間や円管内の層流の流速分布の計算法について述べる。さらに、層流から乱流への遷移と乱流場での運動方程式の導出について平行平板間の流れを例にとって説明する。
5回:流体運動のマクロ的表現。一次元流れとしての流体運動のマクロ的な取り扱い法として、質量・運動量・エネルギーの保存則について説明するとともに、それらの保存則を用いた流体力の計算例について述べる。さらに、流速計測法についても言及する予定である。
2回:演習。演習および解説を行う。
1回:学習到達度の確認,1回,学習到達度の確認を行う。
成績評価の方法・観点 1回の試験(100点満点)において評価する。
履修要件 本講義は、流体力学2(機械システム学コース3年配当)に対する入門編である。
授業外学習(予習・復習)等 予習:講義範囲をテキストで確認すること。
復習:毎回指示する。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    (一財)電力中央研究所 8年

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    基礎に加えて、実機内の流れなど応用についても概説する。