コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 機械設計製作(機エネ宇)

機械設計製作(機エネ宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 25127 LJ71
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 松原 厚(工学研究科 教授)
  • 西脇 眞二(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 この講義では、機械的生産における生産能率、生産コストと製品の寸法形状精度、品位、寿命、性能との間の相関について講述し、機械製作の生産に用いられる種々の加工法について加工の原理と実際について述べる。
到達目標 機械構造・システムの設計・製造方法に関する基本的かつ全般的知識をみにつける。
授業計画と内容 機械製品の仕組み・機械製作の概要,3回,機械製品の仕組みについて概説する。機械製品に必要な機能と形状・精度の関係およびそれらと製造コストの関係について解説し、部品の加工法とその手順について概観する。
素形材の製作,4回,素形材を製作するための鋳造、鍛造、溶接、板金などの加工法の原理と実際について述べ、どのような部分の素形材の製作法としてそれらが適しているのかを述べる。
仕上加工法,7回,素形材を基にして、これに切削、研削、砥粒加工で代表される仕上げ加工を施して機械部品を製作するプロセスの原理と実際について述べ、どのような部品の仕上げ加工としてそれらが適しているのかを述べる。
,4回,
学習達成度の確認,1回,
成績評価の方法・観点 平常点と期末試験。原則として試験約8割,平常点2割。
履修要件 特になし。
授業外学習(予習・復習)等 レポート課題を課すことがある。
参考書等
  • 機械製作法通論上, 千々岩編, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:4130650343
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    企業における開発設計(5年),生産設計.