コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 物理工学英語(原)

物理工学英語(原)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35125 LE77
  • U-ENG25 35125 LE48
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 集中
教員
  • 小林 大志(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 進展の著しい原子核工学各分野における基礎的・先進的トピックスについて、英語で書かれた主要論文,主要著書等を中心にセミナー方式で学修するとともに,これらを通して物理工学に関するプレゼンテーション能力や英語によるコミュニケーション能力を養う.受動的な授業を受けるだけでなく、自ら表現する能力は現実社会において非常に重要である。
到達目標 原子核工学分野における用語を学習し,英語の原著論文を読めるようになることを目標とする.また、自分の理解を他者に伝えることが出来るようになることも目標としている。
授業計画と内容 物理工学英語,14回,4年前期の始めに各担当者より提示される幾つかのセミナーの中から1つを選択する。それぞれのセミナーの内容は年度により異なるが,その時々の興味ある先進的トピックスや物理工学の基盤となる科学知識の修得を目的とした適切な題材が選ばれる。各セミナーは週1回2-3時間程度の頻度・時間で行なわれ、通常は教員以外にも大学院生を含むグループで行なわれる.
学習到達度の確認を1回行う。
成績評価の方法・観点 原則として出席と発表によって評価する.評価は2段階評価である。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各教員の指示に従って、文献の事前精読などを行う。また、必要に応じて、理解できなかった部分や間違って理解していた部分の復習を行う。
教科書
  • 通常、教科書等を用いて行なわれるが,使用する教科書等は各セミナーの内容によって異なる。各担当教員より指示があるので、その指示に従うこと。