コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 航空宇宙工学実験2(宇)

航空宇宙工学実験2(宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35067 EJ77
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1 単位
授業形態 実験
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 占部 継一郎(工学研究科 助教)
  • 丸田 一郎(工学研究科 准教授)
  • 杉山 文子(工学研究科 助教)
  • 高田 滋(工学研究科 教授)
  • 杉元 宏(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 航空宇宙工学の基礎となる実験を行う.
到達目標 航空宇宙工学の基礎科目の理解を促進する.さらに,航空宇宙工学にかかわる実験の原理・方法,データ解析法を理解する.
授業計画と内容 ガイダンス(1回)実験の履修上の注意事項について説明する.
倒立振子の制御実験(4回,10時間)本実験では倒立振子安定化制御実験を行なうことにより,(1)古典制御論/現代制御論に基づく制御系の構築とその評価実験,(2)現代制御論セミナー,を行う.また,数値シミュレーションとの比較やコンピュータを用いた制御系設計を行う.
レイノルズの実験(4回,10時間)レイノルズの実験では,円管を通る水の流れの種々の形態を観察,記録し,各形態の現れる流れのパラメーターの範囲を測定する.
電離気体工学実験(4回,10時間)本実験では,まず電離気体に関する実験に必要な真空技術を修得し,次いで電離気体生成の基礎となる放電現象(気体の絶縁破壊)について学ぶとともに,プラズマ密度,電子温度等の測定法の修得を通じて電離気体の基本的性質を学ぶ.
成績評価の方法・観点 出席と各実験ごとのレポートにより,実験の原理・方法,データ解析法の理解度を評価する.
履修要件 数学,物理学の基礎的事項の習得を前提とする.
授業外学習(予習・復習)等 配布される資料の予習・復習,行った実験のレポート作成に取り組むこと.また,指示された参考書があれば学期をかけて読み進めること.
教科書
  • 各実験ごとに適宜プリントを配布する.
参考書等
  • 各実験において,適宜指示する.
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    担当教員以外にも商品開発など企業実務経験を有した教員が担当している.