コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 機械システム工学実験1(機)

機械システム工学実験1(機)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35056 EJ71
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1 単位
授業形態 実験
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水4・5
教員
  • 中嶋 薫(工学研究科 准教授)
  • 齋藤 元浩(工学研究科 助教)
  • 嶋田 隆広(工学研究科 准教授)
  • 井上 康博(工学研究科 教授)
  • 藤井 恵介(工学研究科 助教)
  • 四竈 泰一(工学研究科 准教授)
  • 土屋 智由(工学研究科 教授)
  • 若林 英信(工学研究科 助教)
授業の概要・目的 金属材料学,熱力学,流体力学,光工学,制御工学に関する実験を行うとともに,テクニカルライティング,機械システム学演習の実習・演習を通して,実験技術や実験結果の解析法,レポート作成の技法を習得する.
到達目標 機械工学に関係する実験を実習を通して習得する.
授業計画と内容 概要説明,1回,全体の概要,注意事項を説明する.
金属材料学1,2回,金属材料の機械的性質:材料試験は,材料の機械的性質を知る上で必要不可欠である.材料試験の目的・原理について学び,引張試験を行う.結果の整理を通して引張特性について考察し,材料の機械的性質について理解を深める.
熱力学1,2回,冷凍サイクルの熱力学:冷蔵庫やエアコンといった物を冷やす機器を構成する冷凍サイクルの仕組みを理解する.エアコン内を循環している冷媒の温度,圧力を測定して各部位における熱の受け渡しの量を把握し,機器全体としての性能を評価する.
流体力学1,2回,翼に働く流体力の評価:本テーマは流体工学分野における基礎実験であり,流体中に置かれた翼型に働く圧力を測定することにより,揚力係数と迎え角との関係を明らかにすることを目的とする.
光工学,2回,レーザー計測 ホログラフィ:ホログラフィはコヒーレント光源を用いて3次元の像を記録・再生するための手法である.本実験では,ホログラフィ装置の使用法の習熟とその基本特性を確認し,ホログラムの作製を行う.さらにホログラムを利用した変位計測を行う.
制御工学1,2回,倒立振子系の制御:本実験は,倒立振子系を題材として,メカトロニクスの基礎を理解することを目的としている.実験前半では,センサ,アクチュエータ,D/A変換器の動作原理を理解し,後半では,制御器の設計を行う.
テクニカルライティング1,1回,テクニカルライティングに関する講義および演習を行う.
機械システム学実習1,1回,計測学の基礎に関する実習を行う.
フィードバック,2回,実験レポートの指導,学習到達度の確認等を行う.
成績評価の方法・観点 各実験・実習に対するレポートに基づいて評価を行う.
・原則として、全ての実験に対する出席を必須とする.
・レポートは全回提出を必須とする.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各実験後のレポート作成と提出は必須である.
教科書
  • 機械システム工学実験(京都大学工学部物理工学科機械システム学コース編著)
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    一部の実験・演習テーマを企業で実務経験のある教員が担当し、その経験を活かした指導を行っている。