コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 物理工学演習1(原)

物理工学演習1(原)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35054 SJ77
  • U-ENG25 35054 SJ71
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1 単位
授業形態 演習
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 小暮 兼三(工学研究科 助教)
  • 宮寺 隆之(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 物理数学について講述および演習を行い,物理工学に関する基礎学力を修得する.数学は,すべての物理工学に共通の基礎的素養となっており,この演習の意義は深く、重要性は高い。
到達目標 正則関数・線形代数・線形微分方程式の基礎を学び、実際に問題を解けるようになる。
授業計画と内容 正則関数(5回)コーシーリーマンの定理、留数定理。ローラン展開。実積分への応用。
線形代数(4回)線形変換と行列。固有値問題と行列の対角化。
線形微分方程式(5回)線形微分方程式と解の性質。線形微分方程式の解法。2階線形微分方程式の級数による解法。
フィードバック1回。
成績評価の方法・観点 学生は、演習問題を自宅で解答、準備しておく。授業中にランダムに指名するので、学生はその問題の解答と解説を行う。それを担当教員が採点し、複数回の解答を総合して、100点満点での採点をおこなう。なお、演習科目であり、主体的に授業に関わることを求めているので、授業中にスマートフォンの操作を行うなどしている者は、授業不参加とし、単位を与えない。しかるに、授業開始前にスマートフォン、タブレット等の電源は切り、鞄のなかにしまっておくこと。
履修要件 微分積分学,線形代数学
授業外学習(予習・復習)等 配布されたプリントの中で、毎回範囲を指定するので、指定の範囲の問題をすべてを解いておくこと。
教科書
  • プリントを配布する。
参考書等
  • 一般的な複素解析に関する教科書、線形代数に関する教科書、常微分方程式に関する教科書を用いてよい。授業への持ち込みも可。複数の文献をあわせて参考にすることを強く勧める。