コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 プラズマ物理学(原宇)

プラズマ物理学(原宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35040 LJ77
  • U-ENG25 35040 LJ59
  • U-ENG25 35040 LJ52
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 村上 定義(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 超高温物質の普遍的状態であるプラズマの基本的性質を説明し,プラズマを記述する方程式,電磁流体力学,波動現象,輸送現象等を講述する.
到達目標 ・自然界や人工のプラズマに関する背景を理解する。
・プラズマの基本的性質を理解する。
・プラズマの基礎的解析手法を習得する。
授業計画と内容 プラズマとは,2回,プラズマとは何かを説明し,基本的な特性であるプラズマ振動とデバイしゃへい等について述べる.
荷電粒子運動,2回,電磁界中の荷電粒子運動について述べる.
クーロン衝突,1回,プラズマ中のクーロン衝突とその結果生じる電気抵抗について述べる.
基礎方程式系,2回,プラズマを記述する基礎方程式である運動論的方程式,2流体方程式,電磁流体方程式について述べる.
平衡と安定性,1回,プラズマの電磁流体的平衡と安定性の基礎について述べる.
波動現象,2回,プラズマ中の波動現象の基礎について述べる.
波と粒子の相互作用,1回,波と粒子の共鳴相互作用によって生じるランダウ減衰について述べる.
輸送現象,1回,プラズマ中の輸送現象の基礎について述べる.
放電現象,1回,放電開始現象およびプラズマの生成について述べる.
核融合プラズマ,1回,核融合反応とそのエネルギー利用を目指した核融合プラズマについて述べる.
学習到達度の確認,1回,
成績評価の方法・観点 レポート(3回,各5点)と試験(85点)により評価する。
履修要件 電磁気学,統計力学,流体力学および原子物理学の知識が望ましい.
授業外学習(予習・復習)等 配付資料の課題問題に取り組むこと。
教科書
  • 講義の際にプリントを配布する.