コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 制御工学2(機)

制御工学2(機)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35027 LJ71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 松野 文俊(工学研究科 教授)
  • 遠藤 孝浩(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 機械システムを含む各種システムを制御するための方法論を体系化したものが制御工学であり,その内容は古典制御理論と現代制御理論に分けられる.本講義ではその内,現代制御理論の最も基礎的な事項について講述する.
到達目標 状態方程式に基づくシステム表現や制御系設計など現代制御理論の基礎的概念を理解できること.
授業計画と内容 第1回 概説
 制御工学の目的,歴史,および古典制御理論と現代制御理論の枠組みについて概説する.

第2, 3回 第8章 状態空間方へ  
 状態変数,状態方程式,遷移行列,伝達関数との関連,などについて述べる.

第4, 5回 第9章 システムの座標変換
 相似変換, モード分解

第6~9回 第10章 システムの構造的性質 
 可制御性,可観測性,正準分解形,などについて述べる.

第10~12回 第11章 状態方程式に基づく制御系設計
 状態方程式と安定性, 状態フィードバック, 極配置, 最適フィードバック,などについて述べる.

第13,14回 第12章 状態観測と制御
 状態観測器, 状態観測器に基づく制御

第15回 学習到達度の確認
 筆記試験により,学習到達度の確認を行う.

第16回 フィードバック
成績評価の方法・観点 主に試験で評価するが、平常点も考慮する場合がある.
履修要件 線形代数学の基礎知識を前提としている.制御工学1を受講していることが望ましい.
授業外学習(予習・復習)等 予習:教科書を読んでおく.
復習:レポート課題などを通して講義内容を再度理解する.
教科書
  • JSMEテキストシリーズ 制御工学, 日本機械学会 , (日本機械学会 丸善), ISBN:9784888981064
参考書等
  • JSMEテキストシリーズ 機械工学のための数学, 日本機械学会, (日本機械学会 丸善), ISBN: ISBN:9784888982337