コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 制御工学1(宇)

制御工学1(宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35025 LJ77
  • U-ENG25 35025 LJ71
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 丸田 一郎(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 制御工学は,対象を目的に合わせて制御するための理論,方法に関する学問である.本講義では,伝達関数,周波数応答に基づくフィードバック制御系の設計理論である古典制御理論の基礎について述べる.
到達目標 伝達関数,周波数応答に基づくフィードバック制御系の設計理論である古典制御理論の基礎概念を理解し,基本的なフィードバック制御系の設計理論を習得する.
授業計画と内容 (1)序論 【1週】:
   制御工学の歴史と基礎事項について説明する.
(2)動的システムと伝達関数,【4週】:
   機械系,油圧系や電気系などの動的システムの微分方程式による表現と伝達関数,ブロック線図による表現について説明する.
(3)過渡応答と安定性【3週】:
   システムの安定性,過渡応答と定常応答,ラウス・フルビッツの安定判別法について説明する.
(4)周波数応答,【2週】:
   ボード線図,ベクトル軌跡等を用いた周波数応答解析の基礎について説明する.
(5)フィードバック制御系の特性【3週】:
   ナイキストの安定判別法,根軌跡法,フィードバック制御系の性能評価について説明する.
(6)フィードバック制御系の設計【2週】:
   位相遅れ補償,位相進み補償,PID制御を用いた制御系の設計方法について説明する.
成績評価の方法・観点 期末試験により基本概念およびフィードバック系の設計論の理解度を判定する.期末試験における失点の3分の1を上限として,レポートと授業中の課題の達成度を加味する.
履修要件 複素関数論,常微分方程式論
授業外学習(予習・復習)等 講義の進行に合わせて教科書を読み進めること.
また,授業中の課題の達成度に応じて指示する範囲を復習すること.
教科書
  • フィードバック制御入門, 杉江・藤田, (コロナ社), ISBN:4339033030