コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 振動工学(宇)

振動工学(宇)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35024 LJ71
  • U-ENG25 35024 LJ77
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 青井 伸也(工学研究科 講師)
  • 泉田 啓(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 線形動的システムの解析法,特に振動現象のモデル化とその解析法の基礎について述べる.
到達目標 線形動的システムの解析法,特に振動現象のモデル化とその解析法の基礎を習得して,振動現象の基本的性質を理解するとともに種々の動的システムを解析できる能力を修得する.
授業計画と内容 (1)序【1週】
線形動的システムの解析法の概要と基礎事項について述べる.
(2)フーリエ解析【1週】
フーリエ級数とフーリエ変換の基礎事項ならびに振動解析への応用について説明する.
(3)1自由度振動系の解析【3週】
質点,ばね,減衰からなる1自由度振動系の自由振動ならびに強制振動について説明する.
(4)2自由度振動系の解析【3週】
質点,ばね,減衰からなる2自由度振動系の運動方程式,固有振動,無減衰自由振動ならびに固有振動の性質などについて説明する.
(5)多自由度振動系の解析【3週】
一般多自由度振動系の固有振動,モード座標系,モード座標を用いた自由/強制振動の解析について説明する.
(6)分布定数振動系の解析【3週】
棒の縦振動や弦の振動,はりの曲げ振動を例に,分布定数振動系の振動について境界条件,固有振動数や振動モード,多自由度振動系の解析との比較について説明する.
(7)フィードバック【1週】
成績評価の方法・観点 原則として期末試験により基本概念および振動現象の解析法の理解度を判定し単位を付与する.必要に応じてレポート点を加味する.
履修要件 常微分方程式論
授業外学習(予習・復習)等 授業で取り上げた例題やレポート課題などを各自解いて復習しておくこと.
教科書
  • 振動工学の基礎, 岩壺卓三・松久寛, (森北出版), ISBN:9784627666825