コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 材料基礎学1(機宇:学番奇数)

材料基礎学1(機宇:学番奇数)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 35008 LJ71
  • U-ENG25 35008 LJ77
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 富田 直秀(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 材料科学の基礎として、金属を中心とした材料の内部構造と性質との関連に重点を置き、材料の性質を普遍的・体系的に理解するための基礎的事項を講述する。
到達目標 材料のマクロな性質と材料のミクロ構造との関連の理解、平衡状態図の理解、機械材料として重要な鉄鋼材料の理解を主要な学習目標とする。
授業計画と内容 ①物質の結合と構造,3回,物質の結合、結晶構造 、結晶における欠陥、高分子の構造と性質

②結晶の塑性変形と破壊,3回,すべり変形、他の変形様式、破壊
平衡状態図,2回,相律、二元系状態図のおもな形式と顕微鏡組織、状態図の例、三元系状態図

③凝固と相変態、析出,2回,凝固、結晶内原子の拡散、過飽和固溶体からの析出、相変態

④加工と再結晶,2回,冷間および熱間加工と組織、回復と再結晶

⑤鉄鋼材料,3回,鉄鋼製造法の概略、不純物・偏析・非金属介在物および結晶粒度、鉄鋼の熱処理の基礎

⑥フィードバック:知識等の確認

学習到達度の確認:毎授業ごとのレポートに加え、学習到達度の確認試験を行う。
成績評価の方法・観点 試験及び授業時に提出するレポートにて評価する.。試験・レポート比率は原則として試験約8割、平常点2割とする。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 教科書を読み、不明点などを授業中に質問する。授業後に知識確認をする。
教科書
  • 日本材料学会編:改訂機械材料学 (isbn:4901381008) 授業開始までに、百万遍にある日本材料学会事務所(http://www.jsms.jp/index.html より「学会への交通アクセス」参照)にて購入をしておくこと。