コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 材料力学2(材エネ原)

材料力学2(材エネ原)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 25005 LJ71
  • U-ENG25 25005 LJ75
  • U-ENG25 25005 LJ77
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 木下 勝之(エネルギー科学研究科 准教授)
授業の概要・目的 材料の変形と応力に関する支配法則と基礎方程式について述べ,これらの関係を用いて組み合わせ応力問題,ねじり変形,軸対称問題,不安定変形(座屈)問題,材料の強度評価について講述する.
到達目標 材料力学1で学んだ基本的な考え方を実際の機械構造物・要素の力学解析・設計に応用するために重要となる考え方や手法について学ぶ.
授業計画と内容 以下に,本講義の構成を示す.なお,授業回数はフィードバックを含め全15回とする.

1. 弾性論の基礎 5回
2,3次元における材料の変形と応力の関係を記述する条件,応力の平衡方程式,ひずみ-変位関係,応力-ひずみ関係について述べる.
2. ねじり 3回
トルク(ねじりモーメント)が作用するときの丸棒のねじり,組み合わせ応力問題,密巻きコイルバネの応力および変形について述べる.
3. 柱の座屈 2回
不安定問題の例として柱の座屈を取り上げ、不安定問題の解法と考え方および柱の設計について学ぶ。
4. 軸対称問題 3回
弾性論の基礎方程式を解析的に解く問題の例として,円筒,球殻,回転円板等を取り上げる.
5. 材料の強度評価 1回
応力集中,材料の変形と破壊,破損に関する法則について述べる.
6. フィードバック 1回
学習到達度の確認,これまでの学習内容に対する到達度を評価する.
成績評価の方法・観点 【評価方法】
成績評価は期末試験とレポートの成績によって行なう。
【評価基準】
物理工学科の評価基準に準じる.
履修要件 微分積分学,微分方程式,線形代数学,質点および剛体の力学,等の数学や物理学,および材料力学1
授業外学習(予習・復習)等 授業で取り上げた例題,レポート課題を各自解いて復習しておくこと.
教科書
  • 材料力学の基礎, 柴田,大谷,駒井,井上, (培風館), ISBN:97894563034658