コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 材料力学2(機:7,8,9,10組)

材料力学2(機:7,8,9,10組)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 25005 LJ71
  • U-ENG25 25005 LJ75
  • U-ENG25 25005 LJ77
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 西川 雅章(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 材料力学1で学んだ単純化された1次元的取り扱いから,より複雑な2,3次元問題への拡張を行う上での基礎的な考え方について講述するとともに,組合せ応力状態を含む各種構造部材の変形・応力解析法について述べる。
到達目標 材料力学1で学んだ基本的な考え方を実際の機械構造物・要素の力学解析・設計に応用するために重要となる考え方や手法について学ぶ。
授業計画と内容 1-2.はりの曲げ (はりの曲げ,カスティリアーノの定理)
3-5.複雑なはりの問題 (不静定はり,連続はり,曲りはり)
6-9.弾性論の基礎 (材料力学と弾性力学,弾性論の基礎,応力,座標変換,平衡方程式,モールの応力円,ひずみ-変位関係,応力-ひずみ関係式,2次元応力状態,弾性定数間の関係)
10-11.ねじり (丸棒のねじり,コイルばね,曲げとねじりの組み合わせ)
12.座屈 (柱の座屈,端末条件,柱の設計)
13-14.軸対称問題と平板の曲げ (円筒,薄肉円筒,平板の曲げ)
15.フィードバック

*学習到達度の確認(定期試験)
*当該年度の進行状況により,上記の講義順序や時間配分(重点の置き方)が変わることがある。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 原則として試験の成績により評価する(中間試験と期末試験を実施する)。
 平常点評価(3回程度のレポートの評価)を加味することがある。
 (平常点評価を加味する場合、試験約9割、平常点1割程度。)
【評価基準】
 工学部履修要覧に記載の方法による。
履修要件 材料力学1,および微分積分学,線形代数学,質点・剛体の力学等の基礎科目
授業外学習(予習・復習)等 教科書の予習、復習を行うこと。また、3回程度のレポートを課題として課す。
教科書
  • 材料力学の基礎, 柴田・大谷・駒井・井上, (培風館), ISBN:4563034657
参考書等
  • 特に指定しない。必要に応じて紹介する。