コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 工業数学F2(材)

工業数学F2(材)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 32065 LJ75
  • U-ENG25 32065 LJ55
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 一井 崇(工学研究科 准教授)
  • 弓削 是貴(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 フーリエ解析、ラプラス変換および線型代数とその応用
到達目標 フーリエ級数展開,フーリエ変換,ラプラス変換、線型代数に関する基礎的な事項を理解し,物理現象の解析や微分方程式の解法にこれらの手法を応用してゆくことを習得する.特に数学的な厳密さにこだわることなく,それぞれの手法の物理的な側面を把握し,場合場合に即して各手法を使い分けてゆくスキルを開発する,
授業計画と内容 フーリエ解析、ラプラス変換および線型代数とその応用,15回,複素数と複素関数の微積分【1~2週】\ ・複素数と複素関数\ ・複素積分と留数定理およびその応用\デルタ関数【1週】\フーリエ級数展開【2~3週】\ ・周期関数とそのフーリエ級数展開\ ・複素フーリエ級数展開\ ・フーリエ級数の応用\フーリエ変換【2~3週】\ ・フーリエ変換の性質\ ・合成積と相関関数\ ・フーリエ変換の応用\ ・線形応答\ラプラス変換とその応用【2週】\ ・ラプラス変換の基本的性質\ ・ラプラス変換の線形システムへの応用\線型代数【3~4週】\ ・ベクトル空間\ ・写像と行列の性質\フーリエ解析およびラプラス変換の応用【1~2週】\ ・線形常微分方程式の解法
成績評価の方法・観点 期末試験の点数を7割、講義中に随時課すレポートを3割を基準とし、評価する.
履修要件 複素数および微分積分学に関する知識を前提とする.
授業外学習(予習・復習)等 講義時に配布するプリントをもとに予習を行う。また、随時復習のためにレポートを課す。
教科書
  • 講義の際にプリントを配布する.