コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 物理工学科 工業数学F1(機材エネ原:学番奇数)

工業数学F1(機材エネ原:学番奇数)

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG25 22055 LJ75
  • U-ENG25 22055 LJ55
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 西川 雅章(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 理工学への応用を考慮しながら,複素関数論の基礎的事項を解説することを目的としている.複素関数の微分や積分,それに関わる基本的な概念を説明するとともに,その応用について紹介する.
到達目標 複素関数論の基本的な内容を理解し,具体的な計算が出来るようになること.
授業計画と内容 1.複素数の定義,複素平面
2-3.複素関数の微分,コーシー・リーマン関係式
4-5.正則関数の概念と例
6.複素積分とその性質
7-8.コーシーの積分定理,コーシーの積分公式
9-10.テイラー展開,ローラン展開
11-12.特異点の分類,留数定理
13.定積分への応用
14.等角写像の概念,その他の話題
15.フィードバック
* 学習到達度の確認(定期試験)
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 主に試験の成績による.
 平常点評価(4回程度の宿題の評価)を加味する場合がある.
  (平常点評価を加味する場合,試験約9割,平常点1割程度.)
【評価基準】
 工学部履修要覧に記載の方法による.
履修要件 微分積分学の基礎(全学共通科目の微分積分学A・B 及び微分積分学続論A)
授業外学習(予習・復習)等 教科書に記載の問題について宿題を課す.
教科書
  • 複素解析学概説, 藤本淳夫, (培風館・改訂版), ISBN:978-4563005719
参考書等
  • 特に指定しない.必要に応じて紹介する.