コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 工業化学科 物理化学Ⅰa(工業基礎化学)

物理化学Ⅰa(工業基礎化学)

JA | EN

開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 寺村 謙太郎(工学研究科 准教授)
  • 朝倉 博行(学際融合教育研究推進センター 特定講師)
授業の概要・目的 化学反応の理解に必要な熱力学及び化学反応速度に関する基礎的な内容を講義する。
到達目標 物理化学基礎及び演習に続く内容で,応用熱力学及び反応速度論を使いこなすための能力を養う。
授業計画と内容 以下の各項目について講義する。各項目では,受講者の理解の程度を確認しながら,【 】で示した回数を充てる。各項目・小項目の講義の順序は固定したものではなく,講義担当者の講義方針と受講者の背景や理解の状況に応じて,講義担当者が適切に決定する。

(1)相【3回】
   相の考え方,相平衡,相律,化学ポテンシャル
(2)溶液の熱力学【3回】
   部分モル量,活量,浸透圧と蒸気圧
(3)化学平衡【3回】
   動的平衡,標準自由エンタルピー,非理想系の平衡,フガシティー
(4)化学反応速度論【5回】
   化学反応速度,反応速度式,速度定数と平衡定数,衝突理論,活性複合体理論,連鎖反応,触媒反応
(5)学習到達度の確認【1回】
(6)フィードバック【1回】
成績評価の方法・観点 定期試験(100点)または,平常点(50点)と定期試験(50点)
但し,平常点には予習・復習を含む課題,中間試験の評価を含む。
100点満点中60点以上を合格,59点以下を不合格とする。
履修要件 前期配当の物理化学基礎及び演習の知識を必要とする。
授業外学習(予習・復習)等 講義した内容を復習して,期末試験に臨むこと。
参考書等
  • W. J. Moore著,藤代亮一訳『ムーア「物理化学(上)」第4版』(東京化学同人) ISBN:ISBN4-8079-0002-1 (第6,7,8,9章) Peter Atkins・Julio de Paula著,中野元裕・上田貴洋・奥村光隆・北河康隆訳『アトキンス「物理化学(上)」第10版』(東京化学同人) ISBN:ISBN978-4-8079-0908-7 (第4,5,6章) Peter Atkins・Julio de Paula著,中野元裕・上田貴洋・奥村光隆・北河康隆訳『アトキンス「物理化学(下)」第10版』(東京化学同人) ISBN:ISBN978-4-8079-0909-4 (第20,21章)