コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 工業化学科 生物化学工学

生物化学工学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG27 37030 LJ61
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 跡見 晴幸(工学研究科 教授)
  • 浜地 格(工学研究科 教授)
  • 金井 保(工学研究科 講師)
  • 原 雄二(工学研究科 准教授)
  • 高橋 重成(工学研究科 特定准教授)
  • 田村 朋則(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 生物化学分野における工学的技術・手法を幅広く解説する。主なテーマとして酵素の精製と利用法、遺伝子工学、抗体、生体材料工学、創薬、組織工学と再生医学、オミックス研究手法などが挙げられる。
到達目標 生物化学分野における幅広い工学的手法に関する基礎知識を習得する。
授業計画と内容 遺伝子工学,5回
遺伝情報の伝達(DNA複製、転写、翻訳を含む)などについて解説するとともに基本的な遺伝子工学的手法を紹介する。ゲノム・トランスクリプトーム、プロテオームなどの解析手法についても論じる。

タンパク質工学・機能解析,3回
タンパク質の分離・精製法、細胞工学分野における基礎技術について解説する。

生体計測,2回
生体分子の検出・計測法の基礎技術について解説する。

生体材料・再生医療,4回
最近開発されている生体材料・人工膜・コロイド等の構造と機能および利用法を紹介するとともに再生医学・創薬の基礎についても論じる。

学習到達度の確認,1回
本講義の内容に関する理解度を確認する。
成績評価の方法・観点 試験により評価
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に適宜指示するが,授業で配布したプリント等に対して,復習を行うこと。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目