コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 電気電子工学科 電気電子計算工学及演習

電気電子計算工学及演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG26 26080 SJ72
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 3 単位
授業形態 演習
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1・2
教員
  • 雨宮 尚之(工学研究科 教授)
  • 海老原 祐輔(生存圏研究所 准教授)
  • 横山 竜宏(生存圏研究所 准教授)
  • 村脇 有吾(情報学研究科 助教)
授業の概要・目的 コンピュータにおける数値表現と誤差、線形方程式、非線形方程式、固有値等の解法、関数近似及び数値積分法、常微分及び偏微分方程式の解法など、電気電子工学における数値解析の基本的な考え方、理論的背景について解説するとともに、併せてコンピュータを使用した演習を行い理解を深め、数値解析を行うための基礎的能力を身に付ける。
到達目標 電気電子工学における数値解析の基本的な考え方、理論的背景について理解する。コンピュータを使用した演習によってプログラミングの技術を養い、数値解析を行うための基礎的能力を身に付ける。
授業計画と内容 以下の各項目について講述し演習を行う。各項目には、履修者の理解の程度を確認しながら、【】で指示した週数を充てる。各項目・小項目の講義の順序、それぞれに充てる講義週数は固定したものではなく、担当者の講義方針と履修者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。講義の進め方については適宜、指示をして、履修者が予習をできるように十分配慮する。

(1)コンピュータにおける数値表現と誤差【1~2週】:
コンピュータにおける数値の表現・演算について解説し、誤差の解析・評価について述べる。

(2)線形方程式の解法【2~3週】:
連立一次方程式の直接法及び反復法を用いる解法について説明すると共に、コンピュータによる演習を行う。

(3)非線形方程式の解法【2~3週】:
ニュートン法などについて説明すると共に、コンピュータによる演習を行う。

(4)固有値問題の解法【1~2週】:
固有値問題の解法に関して,その基本的な考え方を解説すると共に、コンピュータによる演習を行う。

(5)関数近似及び数値積分法【2~3週】:
連続関数を有限回の四則演算の操作で近似する問題及び数値積分法の原理・計算法・誤差について解説し、コンピュータによる演習を行う。

(6)常微分方程式の解法【2~3週】:
各種の常微分方程式の解法について説明すると共に、コンピュータによる演習を行う。

(7)偏微分方程式の解法【2~3週】:
ラプラスの方程式,拡散方程式を例にとって、差分法による偏微分方程式の解法に関して説明する。

(8)課題レポートに基づいた面接【1週】:
課題レポートに基づいた面接指導を行うとともに、講義内容全体に関する学習到達度の確認を行う。
成績評価の方法・観点 プログラミングに関する数回の課題に対するレポート(90点満点)、ならびに、講義におけるミニ課題と最終面接(10点満点)により評価し、60点以上を合格とする。
履修要件 線形代数及び微積分学の基礎、「電気電子プログラミング演習」を履修していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 演習課題については、授業時間のみならず自宅学習も期待する。
教科書
  • 配布プリント
参考書等
  • 森 正武著:「数値解析」(共立出版),「Numerical Recipes in C」(技術評論社), 皆本晃弥「C言語による数値計算入門 : 解法・アルゴリズム・プログラム」(サイエンス社)