コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学部 電気電子工学科 通信ネットワーク

通信ネットワーク

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-ENG26 36034 LJ72
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 大木 英司(情報学研究科 教授)
  • 新熊 亮一(情報学研究科 准教授)
  • 岩崎 滋(非常勤講師)
  • 庄林 宏和(非常勤講師)
授業の概要・目的 回線交換とパケット交換,伝送制御,ネットワーク制御,通信プロトコルなど通信ネットワークの基本概念について講述するとともに,インターネットや無線LAN,FTTHなどのアクセス系に至る各種通信ネットワークの実例について述べる。
到達目標 通信ネットワーク技術の基礎から現在の動向までの理解
授業計画と内容 交換方式とトラヒック理論の基礎,3回,交換技術の動向とトラヒック解析の基礎理論について説明する。
広域ネットワーク技術とその応用,3回,インフラストラクチャとしての通信ネットワークの形態、およびネットワークを構成する種々の技術要素(交換、中継、無線等)を解説する。
インターネット通信,3回,パケットデータ通信で必要となる各種の基本的な知識ならびに代表的な通信プロトコルについて講述する。
LANとプロトコル,2回,各種のアクセスプロトコルならびにそれらを用いたローカルエリアネットワーク(LAN)について説明する。
事例研究・開発演習,3回,現在の情報通信サービス、情報通信システムの動向をIPネット、無線LAN、モバイルIT の利用事例やケーススタディを交えながら紹介する。
学習到達度の確認,1回,本講義の内容に関する到達度を確認(講評)する。
成績評価の方法・観点 通信ネットワークの基本技術に関する理解を、定期試験、レポート、および演習課題に基づいて総合的に評価する。
具体的には、定期試験の解答を0~100点で評価し、レポートや演習課題の提出それぞれに対し最大5点加点し、合計点(上限100点)で評価する。
履修要件 通信基礎論を受講していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 通信基礎論の内容を習得していることが望ましい。
教科書
  • プリント配布予定
参考書等
  • 田坂修二「情報ネットワークの基礎」数理工学社(本体2,300円+税) isbn{}{490168311X} isbn{}{9784864810081} 池田、山本「情報ネットワーク工学」オーム社(本体2,800円+税) isbn{}{9784274206283}
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目