コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物科学課題研究23 生物科学課題研究23

生物科学課題研究23 生物科学課題研究23

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45722 GJ68
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 高田 彰二(理学研究科 教授)
  • BRANDANI,Giovanni・Bruno(理学研究科 特定講師)
  • 岩部 直之(理学研究科 助教)
  • 寺川 剛(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 分子レベルの生命現象についての理論および一分子実験研究、あるいは分子進化研究を行う。1)生体レベルの生命現象について、分子構造・動態に関する理論的モデリング、コンピュータシミュレーション、さらに理論モデルを検証するために必要に応じて生化学実験や蛍光顕微鏡等を用いた一分子観察を行う。例えば、クロマチン動態、遺伝子発現制御機構、生体分子機械の作動原理などからテーマを選定する。2)生物進化について、分子進化学的解析法および分子生物学的実験手法を用いて、研究を行う。
到達目標 生体分子の構造機能あるいは分子進化について、主に計算機を利用した研究を行うことによって、その研究手法を習得し、研究の実施法を体験し、研究を通じて課題の理解を深める。
授業計画と内容 年度の初めに上記の1)または2)の一方を選び、選んだ課題の研究を行う。
 具体的な研究内容については、担当の教員と相談の上で決定する。なお、研究に必要な基礎的トレーニング(コンピュータプログラミングなど)を、初めに行う場合もある。
履修要件 学生教育災害傷害保険に加入すること。
授業外学習(予習・復習)等 課題研究のため、予習、復習というものはないが、必要に応じて、研究に関連する多くの文献を読んで、課題に関する知識を深める。
教科書
  • 教科書 1)特になし 2)分子進化学関連 「分子進化:解析の技法とその応用」宮田隆編(共立出版) 参考書 1)研究テーマに応じて選定する。 2)分子進化学関連  「生物進化を考える」木村資生著(岩波新書)