コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物科学課題研究20 生物科学課題研究20

生物科学課題研究20 生物科学課題研究20

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45719 GJ68
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 上村 匡(生命科学研究科 教授)
  • 碓井 理夫(生命科学研究科 講師)
  • 服部 佑佳子(生命科学研究科 助教)
授業の概要・目的 研究課題名:動物発生と環境適応
以下のいずれかのテーマを研究する。
・動物の成長から老化までを調節する、栄養環境などへの適応機構や共生微生物の役割
・感覚入力から選択的な行動パターンを生成する神経回路の動作原理
・内部共生細菌による昆虫の生殖操作のメカニズム
・胚発生システム:遺伝子-細胞-個体レベルをつなぐ原理
技術的には、分子生物学的アプローチ、RNA-seqやメタボロームなどのオミックスデータの解析、電気生理学的手法、ライブイメージングと取得した画像の定量的解析を含む。
到達目標 ・関連する原著論文をサーチし、批判的に読み込むことができる。
・適切な用語(英語を含む)を正しく使い、関連する問題に関して具体的な質問を発し、議論できる。
・実験をデザインし、実行し、データを記録しかつ解釈するなど、研究を遂行する上で必要な力量を身に付ける。
授業計画と内容 以下のような課題について研究すると共に、その進捗状況を口頭発表する。また、関連する研究の論文を取り上げて発表する。
・栄養バランスや共生微生物依存的な生体応答のマルチオミックスなどによる解析
・特定の感覚入力から選択的な行動出力を生む神経回路の動作原理
・内部共生細菌による昆虫の生殖操作のメカニズム
・胚発生システム:遺伝子-細胞-個体レベルをつなぐ原理
履修要件 分子生物学I、分子生物学II、発生生物学IIを履修していることが望ましいが、随時それぞれの内容を復習しつつ進める。

学生教育災害傷害保険に加入すること。
授業外学習(予習・復習)等 原著論文を含め関連する資料を適宜提供するので、該当部分を予習および復習して理解する。
教科書
  • 用意した資料を適宜配布する。
参考書等
  • Molecular Biology of the Cell (6th ed.), Bruce Albertsほか, (Garland Science), ISBN: ISBN:978-4315520620
関連URL
  • http://www.cellpattern.lif.kyoto-u.ac.jp/