コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 理学部 生物科学系教室 生物科学課題研究10 生物科学課題研究10

生物科学課題研究10 生物科学課題研究10

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-SCI00 45709 GJ68
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 12 単位
授業形態 卒業研究
配当学年 4回生以上
対象学生 学部生
使用言語 日本語
教員
  • 小山 時隆(理学研究科 准教授)
  • 伊藤 照悟(理学研究科 助教)
授業の概要・目的 光合成生物の概日時計と光周性機構の研究を行う。高等植物のウキクサ、シロイヌナズナ、原核生物のシアノバクテリアを材料に,自律的な概日振動システム,周期的外部環境変動に対する生物の時空間的統御機構,時間制御システムの進化過程等に注目して解析を進める。
到達目標 生物システムを理解するための論理、研究手法を習得し、その一端を実践することで生命科学の研究を遂行する能力を習得する。特に、生物現象の時系列データの取得技術や解析技術を習得する。
授業計画と内容 以下の大きな課題について、さらに対象を絞って通年で研究を進める。

1.高等植物の細胞時計にみられる同期現象
2.高等植物の光周性花成における計時システム
3.バクテリア概日時計システムの形成
4.生物発光測定技術の開発

各課題ともに小山、伊藤が担当。
履修要件 学生教育災害傷害保険に加入すること。
授業外学習(予習・復習)等 研究遂行に必要な数理的・生物学的知識を自主的に学習すること。
関連URL
  • http://cosmos.bot.kyoto-u.ac.jp/clock/index.html